【無料レシピ付き】幼稚園の手提げ袋を作ろう!3歳児・4歳児でも持ちやすい作り方

制作者:aya
編集者:西丸みのり

軽い・丈夫・作りやすい!子ども想いの手提げ袋を作ろう!

入園グッズの代表格と言えば、手提げバッグではないでしょうか。
子どもの初めてのお道具袋ですから、張り切ってたくさん装飾をしたくなりますよね。
でも、ちょっと待ってください。
力の弱い子ども達にとって一番使いやすいのは、軽くて物の出し入れが楽なシンプルなバッグではないでしょうか?

今回は、すぐに作れて使いやすい手提げバッグを

  • 年少さんからでも使いやすい
  • 初心者でも作りやすい
  • 写真と図でわかりやすい

3つのポイントを押さえながら、ご紹介します。
ダウンロードできるレシピ付きなので、合わせてご覧くださいね。
キルティング生地を使うメリットも必見です。

材料

201601aya_bag_01
  • キルティング生地 タテ66cm×ヨコ42cm 1枚
  • 持ち手(25mm巾アクリルテープ)40cm 2本

できあがり寸法は、タテ約30cm×ヨコ約40cmになります。
材料は厚みがあり丈夫なキルティングがオススメです。

キルティング生地はメリットがいっぱい!

崎山さん_指さし

ハンドメイド大好き・ママライター崎山より
幼稚園から特に指定されている場合もありますが、バッグに使う生地はキルティングがおすすめです。
たとえば、このような点がキルティングの良い点です。
・色柄が豊富なので、1枚でもかわいく作れる
・洗濯をした時に縮みにくい
・張りのある生地なので、バッグにした時に物が入れやすい

中綿にポリエステルを使っているものは、洗濯をして乾きやすいのも良いところです。汚れた時にも気軽に洗えるのは嬉しいですよね。

手提げバッグの作り方

1.生地の左右にほつれ止めをする

201601aya_bag_02
カットした生地の左右(長い辺)にそれぞれジグザグミシンまたは裁ち目がかりをかけます。
上下はこの段階では必要ありません。

2.持ち手の位置を決める

201601aya_bag_03
生地表中央から、左右に5cmずつの場所に持ち手のテープの内側が来るように配置します。

テープの長さは子どもに合わせて

崎山さん_指さしハンドメイド大好き・ママライター崎山より
持ち手に使うテープの長さは、あくまでも目安です。
実際に使うお子さんの身長に合わせて、使いやすい長さにしてあげてください。
特に小さいお子さんが使う場合、40cmで作ると引きずってしまうかもしれません。
テープをまち針で仮止めしたこの段階で、一度バッグのように持たせてみて長さを確認すると失敗がないですね。

3.生地の上下と持ち手を仮止めする

201601aya_bag_04
持ち手のテープと生地を一緒に、ジグザグミシンまたは裁ち目がかりをして布端の始末をします。
持ち手も一緒に縫うため、テープの箇所はゆっくりとミシンを進めてください。
上が終わったら、下も同様にして縫います。

4.本体を縫い合わせ、口を折り返す

201601aya_bag_06
持ち手がついた本体を、中表に二つ折りにして左右を縫い代1cmで縫い合わせます。
袋状になったら、持ち手のついている口の部分を3cm折り返します。

201601aya_bag_05
折り返したら、アイロンでしっかり押さえてください。

5.口部分を縫い止める

201601aya_bag_07
布端から2~3mmのところと、2.5cm程度のところを2箇所ぐるっと一周縫います。
持ち手テープのところは、バッグを使う時に一番力がかかる部分ですので、何度か返し縫いをしても良いですね。
表に返し、形を整えて完成です。
201601aya_bag_08

シンプルバッグの良いところ

崎山さん_指さしハンドメイド大好き・ママライター崎山より
手提げバッグは、外側や内側にポケットをつけたり、裏地をつけて仕立てたりと色々なアレンジが楽しめます。
ですが、便利だろうから、かわいいからと装飾を増やしてしまうと、バッグそのものが重たくなってしまうことも。
大人の手には、わずかな重さの違いかもしれません。
でも、小さな子どもが使うのですから、できるだけ軽く作ってあげたいものです。
便利だと思ってつけたポケットに、ティッシュを入れたままにして洗濯してしまったというミスも起きるかもしれませんよね。
今は素敵な柄の生地がたくさんありますから、作業工程はなるべく簡単にしても十分おしゃれなバッグになりますよ。

まとめ

入園前は、製作物が多くて頭の中がパニックになってしまいます。
お裁縫に慣れていない人なら、尚更ですね。
今回ご紹介したのはポケットもなにもない、とてもシンプルなバッグです。
ミシン初心者さんでも、簡単に作れる方法でご案内しました。

201601aya_bag_09
レシピのダウンロードはこちらから↓
手提げバッグレシピのダウンロードはこちらから
ダウンロードには若干時間がかかります。

ポケットや飾りも気になりますが、まずは簡単な方法で作ってあげてください。
あっという間に完成するので、子どもの目からはまるで魔法のように見えるかもしれませんね。
毎日使う物ほど、シンプルな形が一番ではないでしょうか。
小学校でも必要になることの多い手提げバッグですので、次に作る時は色々なアレンジをしても楽しいですね。
お子さんの笑顔を想像しながら、是非チャレンジしてみてください。