アンケートで判明した3歳までに体験させたいこと!後悔・失敗したこと5選

執筆者:pro崎山さん崎山祐子

あなたはしてますか?3歳までにしたいこと5選

3歳は物事の分別もつき、意思の疎通もできるようになる年齢ですね。
随分と子育ても楽になってくる時期だと思います。

私の子育てこれでいいのかな?何か足りないことないかな?と心配になることないですか。

来年には幼稚園入園が見えてきて、少し焦りもありませんか?
先輩ママに3歳ごろまでにしておけば良かったことや、これを失敗したという経験を語っていただきました。
まだ乳幼児を子育て中のママ、2歳児のママ、参考にしてくださいね。
3歳以上の子どものママ、大丈夫ですよ。
決して遅くありません。
今日から、今から実践してみましょう。

1.トイレトレーニングは早めに済ませよう

KNSL_トイレ


できれば幼稚園に入園するまでにはオムツを取っておきたいと思うママが多いですね。
入園前の大仕事の一つと考えるママもいらっしゃいますね。
オムツからパンツに変えることは、親にとっても子どもにとってもなかなか大変なことです。

早くオムツじゃなくなる方が親としても楽ですが、物事をちゃんと理解できるようになってから、できれば夏ごろにトイレトレーニングをした方が早く成功すると言われています。
夏にするのは、やはり失敗しても洗濯物が少ないことと、トイレに連れて行く時に単純に洋服の枚数が少なく脱ぎ着がしやすいからです。
また、子どもが物事を理解していると、ママからの要求も伝わりやすいですね。
ただ、失敗しても怒ったりしては逆効果になってしまいますので、怒りたくても我慢してあげてくださいね。

最初は上手くいかなくても、ご褒美を提示してみたり、少しでも進歩したら大袈裟に褒めてみたりして、トレーニングに付き合ってあげてくださいね。
中学生までオムツで生活することはないからと気持ちを楽にして、付き合っていくといいと思います。
きっかけさえつかめれば、きっとうまくいきますよ。

先輩ママの体験談:トイレトレーニングは早めにするべき

akko_公園 (12)我が家は二人娘がいるのですが、トイレトレーニングは早めにしておけばよかったと後悔しています。
来月3歳になる長女は、最近やっとトイレに座れるようになった程度です。
パンツはトレーニングパンツです。
お友達は可愛いパンツはいてるのにと後悔しています。
同じ年頃の子どものママに聞くと、もう卒業した子どもがほとんどです。
幼稚園に入るまでにはパンツがとれたらと思っています。
(やまちゃんまま32歳・2歳11ヵ月&1歳娘・埼玉県さいたま市在住)

先輩ママの体験談:トイレトレーニングは2歳のうちに

akko_公園 (10)トイレトレーニングは2歳のうちに始めることが大事だと思います。
3歳になってから始めると、年少からの集団生活に間に合いません。
集団生活に入りトイレトレーニングが遅れていると、着替えも増えますし、オムツ購入も家計に負担を与え続けます。
(しぃちゃんまま28歳・3歳子ども・奈良県在住)

 

先輩ママの体験談:トイレトレーニングを完了させる

KMSL_おでかけ (1)トイレトレーニングを3歳までに完了させておけばよかったと思っています。
幼稚園に入るまでに完了させておきたかったです。
幼稚園に入ってもしばらくはおもらしをしたりしていて、先生も大変だったそうですし、周りの子はだいたい完了していました。
(ぴーちゃん・5歳娘・岡山県在住)

 

2.英語も早めに始めよう

赤ちゃん子どもf-48
英語教育は、自分自身の経験から「子どもには早いうちから習わせたい」というママも多いですね。
小さいうちから英語に親しみ、慣れていると大きくなってから、英語に対する恐怖心も拒否反応も出ないかもしれません。
「R」と「L」の発音も、小さいうちであれば正しい音を聞き取ることができると言われていますね。
子どもが英語に興味を持っているようであれば、始めておくのもいいですね。

英語に限らず、何でも経験して成長の糧にしましょう。

合わなければやめればいいのです。
もし合わなくて失敗だったわと思っても、その失敗ですら無駄ではありません。
成長していく上で必ず役に立ってくれますよ。

先輩ママの体験談:英語の早期教育を始める

KMSL_室内 (11)通信教育で英語教育を行っていますが、3歳より2歳、2歳より1歳と、幼いほど興味を持ってくれていたので、その間にもっと真剣に英語に触れる機会を与えればよかったと思っています。
乳児期より発語が減ったし、発音も乳児期の方が聞いたままを発音できていました。
3歳前後になると日本語を問題なく話せるようになってきていますが、その分英語の発音に影響が出ているように思います。
(もかみ・37歳・3歳娘・大阪府在住)

先輩ママの体験談:プロから英語を学ばせる

akko_おでかけ (1)3歳になった娘は、1歳すぎからおしゃべりがとても上手でした。
今では、どこで覚えたの?と思うような言葉や言い回しをしており、会話も成り立っています。
3歳までの子どもの記憶力はとてもすばらしく、お遊びのDVDをなんとなく流していただけなのに、英単語をいつの間にか覚えていました。
最近たくさんのことに興味を持ち始め、「自分からやりたい!」と意思表示をするようになりました。
残念ながら、私は英語は全くできません。
小さいころからプロに教えてもらって、身に付けさせてあげられたら良かったと思っています。
(あーまま33歳・3歳娘)

3.子どもとの関わりを密にする

KNSL遊具 (1)
「早く一人の時間が欲しい」「子育てから解放されたい!」というのはママの願いですね。
自分だけではないですよ、多くのママの願いです。
幼稚園に入ると、徐々に子どもは子どもの世界を見つけてママから離れていってしまいます。

今までママがいないとダメだった子どもが、ママよりもお友達を選ぶようになります。

少しだけですが、子育て中心から離れる時間が持てるようになります。
それまでの3年間を大切にしてくださいね。

たった3年間なのですが、当事者にとってはやはり長い3年間です。
まだまだ続きそうで終わりが見えない気がして、いつまで子ども中心なの?と泣きたくなります。
でも、ママにはご主人もお友達もいます。
子どもにはママとパパしかいないのです。
いっぱい愛情を注いであげてくださいね。
子どもとの時間を大切にして幼稚園入園を迎え、晴れて自由時間を満喫してくださいね。

先輩ママの体験談:子どもと二人の時間を楽しむ

KNSL夏(1)幼稚園に入ると、毎日一日中べったりというわけにはいきません。
ママは一人の時間が欲しいですが、この時間は今だけです。
子どもが幼稚園に入り時間ができたのですが、子どもと二人でずっと一緒にいるのは以前ほどなく、寂しく感じています。
(まやとる39歳・8歳&4歳息子・千葉県在住)

 

先輩ママの体験談:話しかけや声掛けが大切

ym (44)もっと本を読んだり、声掛け、話しかけをちゃんとしてあげればよかったのかなと思っています。
そうしていれば、子どもももっとお話が上手にできていたのではないか、あまり言葉が出ないのは自分のせいなのではないかと考えてしまいます。
1歳半健診のときに自分の子どもは言葉が遅いということに気がつきました。
3歳になっても2歳の子どもよりお話ができません。
他のお母さんが子どもと二人でいるのを見ていると、自分より子どもに声掛けをしっかりしていて、そのおかげで子どもも話ができるのではないかと思えてなりません。
話しかけが少なかったのか、自分の愛情が足りなかったのか、と考えない日はありません。
(りょうママ30歳・3歳息子・愛知県在住)

4.小さいうちからいろいろな体験をさせておく

akko_おでかけ (8)
子どもは身体の使い方がまだよくわかっていないので、うまく走れないしけがをせずに上手にこけることができません。
小さい頃から公園などでよく遊んでいた子どもは、走りが早いと言われています。
幼稚園に入った時に、身体を使って遊んでいる子どもとインドア派の子どもとでは、身体の使い方が違うことがよくわかります。

小さい頃から身体だけでなく手先を使っていろいろな経験をさせてあげてください。

身体の使い方を知ると、こけ方も上手になって大きなけがもしなくなりますよ。

先輩ママの体験談:小さいうちから遊具に慣らせておく

ym (43)お散歩や公園には喜んで行くのですが、転んで手をつくと手の平を反らしていたりします。
転倒時や、遊具で遊んでいて危ないこともあったので、早くから慣れさせておけばよかったと感じています。
産後一年半ほど、あまり体調がよくなかったので、頻繁に外出したりできずにいましたが、もっと小さいうちに砂や遊具などに慣れさせてあげていればと後悔しました。
(ラスカル33歳・4歳息子・愛知県在住)

5.ママはお裁縫の基礎をマスターしよう

ym (28)
保育園や幼稚園の入園や小学校の入学時は、ママのお裁縫の腕の見せどころです。
もちろん、既製品も売っていますのでそちらを利用しても良いですね。
ただ、保育園でオムツを入れる袋のサイズを園で指定されたり、幼稚園のランチョンマットも机が小さいのでサイズ指定をされることがあります。

作るしかありませんね。

子どもの好きなキャラクターの布地を買って縫うしかありませんね。
鞄もママの手作りで手の込んだものを持ってくるお友達もいるのです。
困りますね。
困ったママの救世主として、キットを売っていたり、手芸屋さんで型紙をいただける場合もありますから、上手に利用して乗り切ってくださいね。

先輩ママの体験談:ママがミシンや縫い物の練習をしておけばよかった

ym (8)幼稚園の入園グッズや体操着などのマーク付けをするのに、全く裁縫経験がなかったので大変でした。
幼稚園の入園説明会で入園グッズがサイズ指定だったので、作るしかありませんでした。
とても時間がかかり、何度もやり直しをしました
練習しておけばよかったです。
(くまママ28歳・5歳娘・2歳息子・神奈川県在住)

番外編:手術などの予定がある場合は、先送りしないように

子ども影
大人の手術の場合、例えば口の中のできものを取る程度であれば部分麻酔で済みますが、子どもの場合同じ手術でも全身麻酔になることも
全身麻酔をかけての手術は、もちろん手術内容や病気の程度によりますが、だいたい3歳ごろからできると言われています。
「3歳の子どもに全身麻酔をかけて手術をする」と想像しただけで、かわいそうになって躊躇してしまいますね。
家族や医者とよく相談して、今後の方針を決めていってくださいね。

先輩ママの体験談:できる手術は早めにするべき

ym (16)うちの娘はデベソで、出産した際、産婦人科の先生から3歳までにへこまなかったら手術しましょうと言われました。
その後病院でデベソについて何も言われなかったので、今4歳ですがまだデベソです。
3歳になってすぐに手術しておけばよかったと後悔してます。
母親の私自身が大人になった今もデベソです。
これから娘も人の目が気になってくると思いますし、大人になってからのデベソの手術はお金もかかるので、3歳で手術をしてもらえるのであればしておけばよかったです。
(いっちんママ23歳・4歳娘・山口県在住)

まとめ

自分自身の子育てを思い出してみました。
今は10歳の男の子ですが、彼の2歳、3歳の頃はひたすら本の読み聞かせをする日々でした。
寝る前の入眠の儀式で、一日2、3冊の絵本を自分で選び、読み聞かせを強要されていました。
小学校入学まで続きました。
面倒だなと思うことも正直ありましたが、今、彼は本が大好きになっています。
漫画も読みますし、学習漫画も、物語もとにかく活字が大好きになっています。
2歳、3歳の頃には想像もしていませんでしたが、あの時、時間をかけたのがよかったのかもしれないなと思います。

ただ、インドア派だったため、幼稚園に入った時に急に増える運動量についていけず、よくけがをして帰ってきました。
身体の使い方がわからないので、こけても手をついて身体を守るすべを知らなかったのだと思います。
走っていても身体がバラバラで前に進まず、なぜか上に跳ねるばかりで、見ていて笑ってしまいました。
もっと身体を使わせる経験をしておくべきでした。

ただ、その後テニスなどのスポーツを経験させ、今では走りも早くなりました。
もし、子どもがもう3歳を過ぎていても大丈夫ですよ。
気が付いた時から始めてもまだまだ間に合います、安心してくださいね。

ABOUTこの記事をかいた人

元図書館司書ライター 崎山祐子

小学校高学年の男の子の母親として主に育児系媒体で執筆している"お母さんライター"です。図書館司書の資格を大学で取得し、図書館での勤務経験もあります。子育ては、親育てともいい、私自身も今でも子どもからいろいろ教わる日々です。子育ては悩みの連続で、これでいいのかと不安もたくさんですよね。でも、みんなそうなんです。このサイトで子育てのヒントを見つけてくださいね。兵庫県在住/趣味はピラティスと家族の影響でゴルフと言いたいのですが、ゴルフはまだまだ初心者。でもいつかは…。/特技は料理(でも居酒屋料理専門です)ハンドメイドに凝っていて、オーダーをもらって商品を作っています。