他人を怖がって友達ができない3歳児!集団と上手くなじめるようになる方法3選

ほかの子を怖がって友だちができないと心配していませんか?
知らない子どもにしりごみすると、友だちができないのではと、悩みますね。

どうしたら友だちができるようになるの?

と、思うママも、対処法を知っていると楽になります。
【下へ続く】

3歳児、友だちができないときの対処法

今回は、子どもが集団に入れないときの、おすすめの解決方法を3つ紹介します。

1.ママの声掛けが肝心!橋渡し役の心得を

赤ちゃん子どもf-19
まず、ママがお友だちとの仲介役になってみてください。
例えば砂場にお友だちがいたら「上手だね!何作っているの?」など声をかけてみます。

そして、先にママが仲良くなってしまいましょう。

それから「○○も一緒に作ろう!」と自分の子どもに声をかけ、3人で遊ぶようにします。
引っ込み思案なお子さんは、無理に遊ぶよう言っても余計に不安になってしまいます
ママも一緒になってあそんであげると安心すると思いますよ。
最初の橋渡しだけしっかりしてあげれば、少しずつ子どもだけでも遊べるようになるでしょう。

2.遊ぶ場所も実は重要だってご存知でしたか?

ym (49)


まずは同年代の子どもの集まる場所に行きましょう。
そのときに、できれば少人数の集まる場所を選んでみてはどうでしょうか?
人数が多いほうが、気の合う子が見つけやすいと思われるかもしれません。

でも引っ込み思案な子どもだと、大人数の集まるところでは尻込みしてしまいがちです。
小さめの児童公園や、図書館の読み聞かせなど、落ち着いた感じの場所がおすすめです。
のんびりと、少しずつお友だちとの接点を見つけていけたらいいですね。

3.ママ自身が焦っていませんか?

つみき
ママがあまり焦らず、見守ることが大切です。
3歳くらいですと、まだお友達と一緒にいても、それぞれ違う遊びをしていることも多いです。
1人遊びも大切なことで、その中で想像力を働かせる力が伸びていったりもします
なかなかお友だちの輪に入れないと、ママは心配になってしまいますよね。
でも、3歳はお友だちとのかかわりの準備段階です。

ママが、子どもの興味のある遊びに、付き合ってあげるといいと思います。
お友だちとは今はまだ、同じ「場所」で遊んでいる、くらいで十分です(平行遊びと言います)。
成長するにつれて、そこから自然とかかわりが出てくるものです。

先輩ママの体験談

うちの子どもは引っ込み思案で悩んだ時期がありました。
その時は、焦らず見守ることがとても難しかったように思います。
このままずっとお友達ができないんじゃないか?と心配になることもありました。

でも、大丈夫です。
子どもは少しずつ自分で選んだお友だちと仲良くなっていきますよ。
ママは焦らず下地作りをしてあげるのがいいと思います。
(みのりママ34歳・8歳娘・北海道在住)

まとめ

引っ込み思案な子どもが、お友達の輪に入れないとママは心配ですね。
でも、3歳はまだ自分の好きな遊びに熱中できることの方が大切です。

自分から行動して、その結果を経験することが、子どもの成長に欠かせないからです。

自分の気持ちに反する遊びを強要され続けると、安心感・満足感が持てずに成長します
そして、小学生になるころに、やる気のない子どもになってしまうことがあります。

好きなことに熱中できる子どもは、時期が来れば、お友だちともゆたかな遊びを展開します。
ママは、他の子どもたちとそばにいられる環境を自然に与えて、気長に見守ってください。
4歳になる頃には、少しずつお友だちとの関わりができてくると思いますよ。

ABOUTこの記事をかいた人

幼稚園教諭・保育士ライター 城田順子

私立幼稚園での幼稚園教諭・公立保育園で保育士として、勤務しています。仕事で子どもの世話をするプロではありますが、自分の子どもになると、仕事とは別ですね。悩みや衝突もないわけではありません。仕事とは違った、子育ての難しさがあります。幼児教育の現場からの声をコラムにしてお届けしたいと思っています。岡山県在住です。