同年齢と遊ぶのが下手な子ども!友達と上手に遊ぶために親ができる3つのこと

子どもにも個性があって性格もいろいろです。
お友達と上手にコミュニケーションを取れる子も取れない子もいますよね。
【下へ続く】

同年代のお友達と上手に遊ばせてあげたい

お友達の隣で一人で遊んでいるのを見ると、
「声かけたらいいのに」
「どうしてうちの子は一緒に遊べないの」
と、歯がゆさを感じていませんか?
どうやったら子どもがスムーズにお友達と遊べるようになるのか、その方法をご紹介します。

1.子どもの気持ちを考えて共感

ym (37)
子どもの性格は様々です。
誰とでもすぐに打ち解けられる子もいれば、人に慣れるのに時間がかかる子もいます。
子育て自体が子どもの人見知りにつながっているとは考えにくいことです。
兄弟でも人見知りをする子としない子がいますよね。
母親とのコミュニケーションが全くの無関係でもないようです。
まずは子どもがお友達と接している様子を見て、子どもがどういう気持ちでいるのかを考えてみてあげるのはどうでしょう?

  • 遊びたいけれど、うまく声をかけられずに躊躇している
  • 声を掛けるタイミングをうかがっている
  • まったくの無関心
  • 本当は一緒に遊びたいけれど関心がないような振る舞いをしてしまう

ほかにもたくさんのケースがあると思います。
子どもがどう思っているのか考えてみて、まずは共感してあげてください。

共感してもらえると子どもはうれしいものです。
「ママやパパは、私のことをわかってくれているんだ。考えてくれているんだ。」
と気付くだけで、自然にスムーズにお友達と接することができるようになる場合がありますよ。

2.親も一緒に遊んでみる

赤ちゃん子どもf-13


ママは、人と付き合うのが得意ですか?苦手ですか?
大人でも人と接するのが苦手な方も得意な方もいらっしゃいますよね。
子どもだって同じです。

子どもが一人では友達の輪になかなか入っていけない場合、ママが子どもと一緒になってお友達と遊んでみませんか
子どももママと一緒だと緊張せずにも楽しめますし、親を見本にして、友達付き合いも自然にできるようになるかもしれませんよ。
人付き合いや子どもが好きな方なら難なくこなせるでしょう。

反対に人付き合いが苦手、子どもと遊ぶのもちょっと苦手という方も、少し頑張ってみてください。
自分が、子どものお友達の輪の中にダイブするような気持ちで、目線を子どもたちに合わせて、一緒に混ざってみてください。
お友達にとって一緒に優しく遊んでくれるお母さんは人気者ですよ。

子どもはお友達の中で自分の居場所を見つけていかなければならないのです。

一緒に混ざることが苦手だなと思っても、子どもが居場所を見つけるためだと思って、まずは親が見本になれるといいですね。

3.アドバイスと見守りを

赤ちゃん子どもf-31
子どもの中には

  • お友達と一緒に遊びたいけれど、どうやってその輪の中に入ればいいのかわからない
  • どう声を掛けたらいいのかわからない

という子どももいると思います。
困っている時はそっとアドバイスをしてあげてください。
『一緒に遊ぼう』って声をかけてみれば?」
「あの遊び楽しそうだね。あなたも行ってくれば?」
単純に、「みんな〇〇で遊んでいるね」と言うだけでも、子どもの好奇心がそそられるかもしれませんよ。

子どもの様子を見ながら声掛けをしてあげてくださいね。
そして、声を掛ける時は、決して無理強いをしないでください
子どもだってその日の気分でやりたくない時もあるでしょう。

また、「恥ずかしくて声を掛けられない」という子どもには、声を掛けなくてもお友達の輪に近づかせてみるのもいいかもしれません
なんとなく自然に遊び始めたりすることがありますよ。
いろいろ試していくと、自然にお友達との接し方を学ぶことができるかもしれませんね。
気長に見守ってあげてくださいね。

先輩ママの体験談

我が家の長女は引っ込み思案でなかなかお友達の輪に入れないことがありました。
あるとき私が一緒に子どもたちと遊び始めたら、子ども同士もなんとなく仲良くなっていきました。
その時に子ども自身も友達と遊ぶ楽しさや、声のかけ方を少しずつ学んでいっている気がしました。

それとママ同士が仲良くしていると子ども同士も自然に仲良くなったりします。
子どもって親のことをよく見ているんですね。
(Rirry28歳・5歳娘・3歳息子・1歳娘・千葉県在住)

まとめ

  • 子どもの目線に立って共感して、一緒にお友達と遊んでみましょう
  • うまく輪に入れないときはそっとアドバイスをして、最後は見守ってあげましょう

引っ込み思案や恥ずかしがり屋の子どもは、無理矢理お友達の輪の中に入れられると、辛いと感じてしまうでしょう
親が上手く誘導してあげたり、アドバイスをしてあげることによって、お友達との接し方を学んでいってくれるといいですね。
子どもの性格を見て、子どもに合った方法を提案してあげて、選ばせてあげるといいですね。

親が子どもとまっすぐに向き合っていくことで、子どもも親の気持ちを受け止めて、成長していってくれるはずですよ。
ただし、必要以上に自分の子育てが間違っていた? などとネガティブになる必要はありません
大丈夫です。いつのまにか子ども同士仲良くなっていますよ。

ABOUTこの記事をかいた人

元図書館司書ライター 崎山祐子

小学校高学年の男の子の母親として主に育児系媒体で執筆している"お母さんライター"です。図書館司書の資格を大学で取得し、図書館での勤務経験もあります。子育ては、親育てともいい、私自身も今でも子どもからいろいろ教わる日々です。子育ては悩みの連続で、これでいいのかと不安もたくさんですよね。でも、みんなそうなんです。このサイトで子育てのヒントを見つけてくださいね。兵庫県在住/趣味はピラティスと家族の影響でゴルフと言いたいのですが、ゴルフはまだまだ初心者。でもいつかは…。/特技は料理(でも居酒屋料理専門です)ハンドメイドに凝っていて、オーダーをもらって商品を作っています。