外遊びができない梅雨も怖くない!1歳児が夢中になるおうち遊び

1日中家に籠っていると、目が離せなくて疲れていませんか?


1歳を過ぎると、ハイハイや一人歩きなど行動範囲が広がってきます。
自由に動けるようになると、いたずらしたり、頭を打ったりと新たな心配も増えてきますよね。

1日中、目が離せなくて、ぐったり…なんてママは多いですよね。

そんなときは、ママも一緒に子どもの目線で楽しんでみませんか?
お天気が悪い日でも大丈夫。家の中で全身を使って遊びましょう!
【下へ続く】

子どもの目線で一緒に楽しもう!

今回は、1歳頃の子どもにおすすめの「おうち遊び」を紹介します。

1.ハイハイで「よーい、どん!」

赤ちゃんハイハイ
用意するもの:ボール

ハイハイをしてママと競争しましょう!
ママと一緒なら、ハイハイだけでも楽しい遊びになりますよ。
目の前にボールを転がして、一緒に追いかけましょう!

「よーい、どん!」どっちが先にボールを捕まえるかな?

家の中をハイハイで駆け抜けて遊びましょう!

2.抱っこで、ゴロゴロ~!

赤ちゃん
用意するもの:布団

ママが横になって子どもを抱っこします。
そのまま一緒に布団の上をゴロゴロ~!転がって遊びましょう。

「おっとっと~」と止まったり、逆の方向に転がったりと、工夫をすると喜びますよ。
ママとのスキンシップにもなるので、子どもにとっては嬉しい遊びです!
お昼寝前にお布団で遊ぶと、疲れてぐっすり眠れそうですね。

3.布団の上を冒険しよう!

子ども赤ちゃん
用意するもの:布団、枕、座布団など

布団の上に、様々な障害を用意して、ハイハイで冒険しましょう!

  • 座布団を積み上げて、山をつくる
  • 掛け布団の長いトンネルをつくる

枕などの小さな障害も、ハイハイで通るのは意外と大変です。
転んでも布団の上なら安心!思いきり遊びましょう。
たくさんの障害を用意して、全身で楽しみましょう!

4.新聞を破ろう!

子ども
用意するもの:新聞紙

新聞紙や広告など、破いても大丈夫な紙をたくさん用意しましょう。
子どもでも簡単に破ける、薄くて柔らかい紙が良いですね。

用意ができたら、あとは思いきり破くだけ!
色んな形に破いて、自由に遊びましょう。

細長く破けば、ラーメンのできあがり!
たくさん小さく破いて、雪を降らせてあげても喜びますよ。
新聞紙は、アイディア次第でどんな遊びにもなる優れものです。

普段は怒られるいたずらも、今日だけはOK!一緒に遊んで下さい。
思いきり破けば、ママもストレス発散になります。
遊びの延長として、お片付けも最後まで手伝ってもらいましょう。

おわりに

1歳頃の子どもは、ママと遊ぶことが大好きです。

ママと一緒なら、どんなことでも、楽しい遊びに代わります。

一緒に身体を動かして、体力づくりにも役立てたいですね。

ABOUTこの記事をかいた人

小川まい

富士山の麓に住む、20代後半、2人姉妹のママをしているライターです。 自然に囲まれた地域で、四季折々の自然遊びを楽しみながらのびのびと子育てを楽しんでいます。 パソコン教室の講師をしていた経験を活かし、人の役に立つ記事づくりを目指しています。 現在は、下の子のイヤイヤ期に振り回される毎日。 子育て奮闘中のみなさん、一緒に頑張りましょう!