幼稚園で子供同士が喧嘩!親同士がこじれない注意点6選

執筆者:pro崎山さん崎山祐子

幼稚園での子ども同士のけんかにママが巻き込まれないための方法

幼稚園で子どもが過ごしていると、長い一日の中で大小さまざまなけんかが起こっています。
B子の思い6


子どものけんかの対応をママはどうしていますか?
相手のママとの関係がこじれてこまっていませんか?

これから幼稚園生活を始めるので、心配しているというママもいらっしゃるでしょう。
対処法を間違えると、親同士の関係もこじれてしまいがちですね。
そうならないようにはどうしたらいいでしょうか?

1.お互い様と許す気持ちを持つ

幼稚園の長い一日の中で常に小さな小競り合いが起こっています。
先生の目に留まるものから留まらぬものまでたくさん小さい事件が起こるのです。
自分の子どもは引っ込み思案で弱いから常に被害者だと思うママも多いと思いますが、時には加害者にもなる可能性があるのです。

気を付けたいポイント

登場人物
お弁当の時間のこと、クラスで人気のAちゃんの隣にBちゃんは座りたいと思いました。
B子の思い
たまたま我が子が先にAちゃんの隣に座りました。
B子の思い2
Aちゃんの隣の席に代わって欲しいとBちゃんがやってきました。
B子の思い3
ですが、わが子は自分が先に座っていたので、嫌だと言いました。
B子の思い4
Bちゃんが泣きました。
B子の思い5
家に帰ってBちゃんが我が子に泣かされた、明日幼稚園に行きたくないと言ったら、どうでしょう。
B子の思い6
Bちゃんのママからみれば我が子は加害者なのです。

けがに至らなくても前述のような小さい小競り合いはあります。
いつ加害者でいつ被害者になるかわかりませんね。
お互い様だからと親は少し離れたところから見守ることができると良いですね。

先輩ママの体験談:お互い様と思う気持ち

KNSL_外 (12)公立の幼稚園で、園児が過ごしやすい田舎の幼稚園です。
ママとこじれた経験はないですが、子ども同士はよくケンカをします。
内心はわかりませんが、どのママも「子どもだし喧嘩はするもの。お互いさまだし」と思っているようです。
やはり「子どもだし喧嘩はするもの。お互いさまだし。」と思うことだと思います。
そして「子どもを憎んでママを憎まず」ではないですが、子ども同士の喧嘩に直接ママは関係ないです。
(ゆかりママ40代・10歳息子・5歳娘・岡山県在住)

2.アフターフォローも大事です

自分の子どもが被害者で、相手の子どものママが謝罪をしてくれる場合もありますね。
気にしていないと簡単に対応することも多いと思いますが、ちょっと待ってください。
自分が謝る場合を想像してみてください。

気を付けたいポイント

崎山さん_指さし相手の子どものママは怒っていないか、許してくれるかととても緊張して謝ると思いませんか?
知らぬ顔をするママもいる中で、自分の子どもの非を認めて頭を下げに来てくれたのですから、こちらも誠意を持って丁寧に対応してみてはいかがでしょうか。
相手のママもこちらの対応を見ていると思います。
優しく相手のママの心に寄り添う対応を取れると、きっと優しくて素敵なママと良い評判が立つと思いますよ。


先輩ママの体験談:急いでいても丁寧に対応する

20151226_ayatama_t01のびのびとした公立の幼稚園に通わせていました。
割と自由な園風といった感じの幼稚園でした。
幼稚園で遊んでいる最中にうちの子どもの近くで遊んでいた男の子がフラフープを振り回して遊んでいたようで、それがうちの娘にあたり鼻血が出てしまったと先生から電話が入りました。
一応女の子なので傷とか気にしたのですが、幸いただ鼻血が出ただけで、顔の表面を怪我したりということはなく、親としては気にしていなかったのです。
相手の男の子の親が気にして、菓子折りを持って謝りに来られた時はちょっと困りました。

まだ入園したてのころのことでした。
幼稚園のお迎えの時にその男の子のお母さんに謝られたのですが、急いでいたので「鼻血だけだったので全然大丈夫ですよー!」と足早に去ってしまったのが、相手の方に嫌な印象を与えてしまったのかなと反省しました。
結局卒園するまで仲良くなったりすることはありませんでした。
子どもがけがをさせた、させられたということはよくあることだと思います。
そういうことを学びに幼稚園に行っていると思うので、気にしすぎることもあまりよくないんじゃないかなと思います。
(そのこ29歳・7歳娘)

先輩ママの体験談:謝罪は受け入れるだけでなくフォローも大切です

KNSL_外 (17)長男が私立幼稚園に通園中です。
音楽に特化した幼稚園で、音楽専属の講師の方を招いていて年少さんから楽器に触れる機会も多いです。
お遊戯会は全学年がお遊戯の他に合唱と合奏もあるので音に溢れる日々を過ごしています。
先生方は叱る時は躊躇なくきちっと叱ってくださいますし、褒めるのも過剰な程に褒めて下さいます。

うちの子どもは喧嘩はあまり多くないのですが喧嘩をして、もうその子とは一生遊ばないなんて言うほど怒って帰ってきました。
理由を聞くと、滑り台で鬼ごっこをしていて、相手に砂をかけられたとのことでした。
相手の子どもの親からも謝罪されたので、子どもがやることだしお互い様だから気にしないでと言いました。
向こうはやはり気にしてしまっているようで、それ以降避けるように送迎の時も会わなくなりました。

うちの子どもに聞くと、翌日からは以前同様仲良く遊んでいるとのことなのでちょっと寂しいです。
今思えば、謝罪の当日に気にしてないということを何かしらの形で見せてあげれたらよかったのかなと思います。
例えばお茶に誘って普段通りお話をしたり、休園日に公園に行こうって誘ってみたり。
私にも配慮が足りなかったと後悔してきます。
(ひよっこmama28歳・6歳息子・2歳娘・東京都在住)

3.納得のいく事実確認をする

子どもは自分主体で話をするので、相手にされたことだけを親に伝え、相手に自分がしたことを伝えないということがよくあります。
わざと伝えないというのではなく自分の印象に強く残っていること、つまり自分がされたことを伝えることだけで精一杯なのです。
子どもからけんかした、泣かされた、意地悪されたと聞かされると、まず加害者・被害者ということを考えずに事実確認をした方が良いですよ。

  • 双方の子どもの話を聞く
  • できれば双方の親子で揃った状態で話を聞く
  • 先生に事実確認をしてもらう

相手のママが一方的に怒ってくる場合もありますね。
その場合は怒りを鎮めるために一度謝った上で、事実確認を申し出てはいかがでしょうか。
事実確認をして自分の子どもが悪いとわかれば再度謝り、相手が悪ければ相手のママの対応を待ちましょう。

相手のママも先に怒ってしまったことが恥ずかしく、申し訳ないと感じてくれると思います。
親子での事実確認が難しければ、先生にお願いしましょう。
よくあることなので、先生も迅速に対応してくれますよ。

先輩ママの体験談:先生に事実確認をする

KNSL_公園 (2)幼稚園でケンカをしたようで、そのことを先生が伝えてくれていなかった時に困りました。
その場にいなかったので様子が分からず、相手の子どもの親が怒っていて、謝るしかありませんでした。
子どもの言うことは、自分主体の主張なので全て真に受けずに、すぐに幼稚園の先生に詳しく聞いてみることにしたら、お互いスッキリしました。
(ぺぃママ29歳・3歳息子・長野県在住)

先輩ママの体験談:双方の子どもの言い分を確認する

20151230_ayatama_t (14)子どもの個性を伸ばす、自由で規則に縛り付けない幼稚園です。
子ども同士の悪口を言った言わないということでもめて、最終的に相手の子供の親が出てきてしまいました。
子どもの言うことなので、よくわからず困りました。
お互いの子どもに確認をし、言った子には注意をしてもらい、担任の先生には以前よりよく見てもらうようにお願いしました。
(ひめちゃんママ33歳・6歳娘・群馬県在住)

4.けがをさせたら誠意をもって対応すべき

相手の子どもにけがをさせたとなると、一大事と考え誠意ある対応を取るべきです。
まずは、ママが相手のママに電話で連絡し、親子で謝りに行きましょう。
病院にかかったのであれば治療費の負担も考えるなどの対応も必要ですよ。
数日経ってからも、けがの具合を確認するなどの心配りも忘れずにお願いします。

先輩ママの体験談:けがをさせたら具合も確認して謝るべき

20151230_ayatama_t (19)自然が多い幼稚園で季節の果物などが園庭で採れます。
ほうきを持った男の子が暴れていて、うちの子どもの手首を傷つけてしまったことがありました。
相手の子どもの親から一言もお詫びがなく先生に伝えると、あわてて相手の親から電話がありました。
その後は話をしていません。
手首を傷つけた日に娘の傷を確認し謝って欲しかったです。
よく親の育て方が悪いとは言いますが、親の対応がイマイチだと思いましたし、その子どもだから暴れていても仕方がないと思いました。
(みっみっ36歳・5歳娘・2歳娘・0歳息子・大阪府在住)

5.ママ友の力を借りる

ママ友とのお付き合いが苦手なママもいらっしゃいますね。
ただ、他の幼稚園のママとのつながりに思わぬところで助けられることがありますよ。

例えば、子ども同士がもめてママ同士もうまくいかなくなってしまった場合、他のママの口添えで仲良くできることもあります。
ママ友のグループに属していなくてもいろいろなママと会話をする、行事の打ち上げに参加するなど友好的に接していると、まず悪口を言われにくくなりますよ。
そして、自分のことを助けてくれるママが必ず現れます。

幼稚園のママと交流がないと助けてくれるママも現れず、付き合いが悪い、お高くとまっているなどと陰口を言われることもあります。
子ども同士のトラブルの際にもママのことも良く言われないでしょう。
過度な付き合いは苦手でも、挨拶をする、世間話をする、お世話係を引き受けるなどできる範囲で幼稚園のお付き合いに参加してみてはいかがでしょうか。   

先輩ママの体験談:普段からママの輪に入っておく

20151230_ayatama_t (18)子どもたちがのびのびと生活している私立幼稚園です。
子ども同士でおもちゃの取り合いになったらしく、本人同士はすぐ仲直りしていました。
しかし、元々相手の子どものママはこちらのことを良く思っていないのは知っていましたが、その後から他のママたちの様子もおかしくなりました。
他のママたちの中に入るのを苦手にしていて、ママ友をあまり作らなかったので進んで役員などやっていたら良かったのかもしれません。
参加していたらいろいろな人に相談に乗ってもらうこともできてうまくやっていけたのではないかと思います。
(シュール婦人37歳・8歳娘・青森県在住)

6.相手の子どものママに無視されても挨拶は続けます

行き違いや思い込みでママ同士のお付き合いが上手くいかなくなる可能性もありますね。
こちらは何とも思っていなくても、相手のママの性格や考え方もあります。
釈然とせず気持ちも重くなりますが、仕方ないと割り切ってみませんか。
何事もなかったかのように、さわやかに挨拶をしてください。

無視されても挨拶を続けましょう。
きっと、周りのママたちもこちらの行動を見ているはずです。
そして、無視している相手のママの行動も見ているはずです。
きっとこちらのことを理解してくれるママたちが現れますよ。

先輩ママの体験談:こじれても挨拶は必ずする

20151230_ayatama_t (3)お友達と喧嘩して幼稚園から電話がかかり、相手の親のところに謝りに行きました。
逆の立場の時、うちの子どもは悪くない!と相手の親に言われたことがありました。
代わりに先生が謝ってくれました。
こじれても、私からは挨拶をかかしません。
礼儀と思って割りきります。
後々必ず分かってくれるお母さんもいるので、当たり障りなくするのが一番です。
(ブルーベリー34歳・5歳娘・秋田県在住)

先輩ママの体験談:親は介入せず子ども同士で解決

20151229_KNSL_t06とてものんびりした幼稚園で行事予定の手紙が3日前に届いたりするので困ることもありますが、ルールに厳しくない幼稚園なのだなと思うようにしています。
ある日幼稚園から帰ってきた娘が「幼稚園に行きたくない」と言いました。
理由を聞いても話したがらなくて次の日はお休みさせました。
すると少しずつ「〇〇くんが蹴ったり叩いたりしてくる」と教えてくれました。
ママ同士はもともと挨拶程度のお付き合いだったので先生を通してやんわりと伝えてもらいました。
すると気を悪くしたのか次に会った時には目も合いませんでした。

子ども同士は自然と仲直りして幼稚園では遊んでいるようですが、ママ同士はなかなか仲良くなれていません。
子ども同士のことは子ども同士で解決するのが良いのかなと思いました。
下手に親が仲介せず、例えば次に叩いたり蹴ったりしてきたら「他のお友達は叩いたり蹴ったりしないのにどうして〇〇くんはするの?」と本人に聞いてみたらと、子どもに言うなど解決策を教えてあげればいいのかもしれません。
(みーママ28歳・5歳娘・1歳息子・北海道在住)

まとめ

子ども同士のことは子ども同士で解決してくれればよいのですが、まだ幼いうちはどうしても親が介入することも多くなります。
私も子育てをしていく上で理不尽だなと思うことや相手のママから嫌な態度を取られた経験があります。
私の場合は、自分の子どもが泣いていても相手の子どものママに先に「ごめんなさい、うちの子どもがご迷惑をおかけしました」と謝っていました。
先に謝られると、たいがいのママはそれ以上怒れなくなるようでした。

そして、事実確認をするとたいがい相手の子どもが先に手を出した、意地悪をしたとなり、相手のママは自分の権幕が恥ずかしくなるのか平謝りされることが多かったです。
もちろん自分の子どもが悪いこともありましたから、先に謝っていますが、子どもと一緒に再度頭を下げて謝りました。

先輩ママもいろいろな経験をされているのが良く分かりましたね。
幼稚園のママとこじれると居心地が悪くなり、楽しいはずの幼稚園生活が苦痛になる可能性もあります。
トラブルは突然起こりますから、心の準備をしておきませんか?
アドバイスを参考にして、トラブルを回避していけると良いですね。

関連の記事

幼稚園で子どもが意地悪されて泣いた時は怒るべき?ママの対応と考え方3選
幼稚園で子どもが意地悪されて泣いた時は怒るべき?ママの対応と考え方3選

ABOUTこの記事をかいた人

元図書館司書ライター 崎山祐子

小学校高学年の男の子の母親として主に育児系媒体で執筆している"お母さんライター"です。図書館司書の資格を大学で取得し、図書館での勤務経験もあります。子育ては、親育てともいい、私自身も今でも子どもからいろいろ教わる日々です。子育ては悩みの連続で、これでいいのかと不安もたくさんですよね。でも、みんなそうなんです。このサイトで子育てのヒントを見つけてくださいね。兵庫県在住/趣味はピラティスと家族の影響でゴルフと言いたいのですが、ゴルフはまだまだ初心者。でもいつかは…。/特技は料理(でも居酒屋料理専門です)ハンドメイドに凝っていて、オーダーをもらって商品を作っています。