幼稚園のママ同士の付き合いで大変だったこと5選!付き合い方で気をつけたいこと

執筆者:pro崎山さん崎山祐子

ママ同士の付き合いで気を付けたい5つのこと

子どもが幼稚園に入ったら、幼稚園ママとのお付き合いが始まりますね。

  • お付き合いってどんな感じなんだろう?
  • 苦手な人にはどう対処したら良い?

などと、想像すると緊張しますね。
上手にママ同士のお付き合いをこなすために気を付けたいことがあるので、ご紹介したいと思います。

1.苦手なママとはどう付き合う?

KNSL_外 (3)


一番の悩みは、苦手なママとどう付き合うかというママが多いのではないでしょうか。

  • 癖のある人
  • プライベートを知りたがる人
  • 遊びや習い事を強要する人

こういう人困りますね。
ただ無下に扱うと恨まれてしまい居心地が悪くなることも考えられます。
2、3年間の長い時間を過ごすので、苦手な人とも上手に付き合っていきたいですね。

習い事を強要されたら、子どもが興味がない、子どもが習いたがらないなど子どもを理由にすると角が立ちにくいですよ。
遊びは家の行き来をなるべくなくし、公園などで遊ぶのはいかがでしょう。
家の行き来が始まると付き合いも深くなっていきますから、子どもが今公園で遊ぶのに夢中だからなどと、ここでも子どもを理由にしてみてはいかがでしょうか。

子どもはなかなか親の思い通りにいかないことはそれぞれママもわかっていますから、子どもを理由にして断るのが自然で断りやすいのではないでしょうか。
また、苦手なママとは1対1でいることをなるべく避けるのも良いと思いますよ。
他のママも自然な流れで会話に誘う、遊びにも誘うなど、誰のママとも仲良くするスタンスを見せるのも深入りされない方法のひとつです。

先輩ママの体験談:苦手なタイプのママとの付き合い

KNSL_公園 (3)私立の幼稚園でしたが、とてものびのびと指導してくれる幼稚園でした。
幼稚園で子ども同士が仲良くなると親同士も話をしたりするようになりますが、その相手のママが苦手なタイプだったとしても接していかなければならなかったことが大変でした。
幼稚園卒園後は別の小学校に通うことがわかっていたので、あまり深入りした付き合いはしないようにしました。
降園後も誘われましたがやんわりと理由をつけて断わり、自分自身が面倒だと思う付き合いはしないようにしました。
(あやママ43歳・10歳娘・東京都在住)

先輩ママの体験談:習い事の強要

KNSL_外 (15)オーバーに他人の子を褒めあっている方が多く、ランチやお茶が苦痛でした。
また、まわりと同じ習い事をさせたがり、誘われ断るのが大変でした。
ママ友は情報源と割り切り、浅く広く、深入りせずにお付き合いすることが大事です!
ママの年齢や、パパの職業は聞いダメです。
(まやとる39歳・9歳&4歳息子・千葉県在住)

2.距離を保つのも難しい

KNSL_外 (14)
子どもを毎日元気に幼稚園に送り出すのも大変ですが、ママ友とのお付き合いにも気を遣いますね。

  • 知らない間にできていたグループに属する?属さない?
  • 不満を聞かされて中立の応えをする方法は?
  • 行事ごとの打ち上げへの出席
  • 仲良しのママ友を作りたい

いろいろ悩みますね。
ママだって大事な3年間を楽しく、有意義に過ごしたいですよね。
面倒ですが、ある程度は情報交換の場だと割り切ってお付き合いすることも必要になります。

主催者にもお礼を述べながら行事の打ち上げにも出席しましょう。
引き受けられる仕事は引き受けるようにしても良いですね。
そして、誰の悪口も言わないスタンスでいることも大切ですよ。
子どもも大変ですが大人もなかなか大変です。
その中にいて、気の合うママに出会えると良いですね。

先輩ママの体験談:誰の味方でもないことを示すこと

KNSL_外 (13)私立の小規模な幼稚園にまだ在園中です。
子どもの人数も少ないので、先生の目が届きやすい園です。
当然ですが親の人数も少ないので送迎などですぐ顔見知りになります。
最初はお互い探り合いながら話をしたりするぐらいですが、父母会や行事を通してだんだん気の合う人たちでグループになっていきました。
グループはできあがっているのですが、なにぶん人数が少ないので対立すると目立つし非常に居心地が悪くなるということを皆さん知っていて、表立っては何もありません。
でも、ランチに誘われなかったとか行事の時に手伝わなかったとかちょっとした不満を持っていることをたまに聞かされることもあり、どなたの味方もしないような返事をするのに気を遣います。
私はどこにも属さずいたい方なので、誰にも肩入れせず、という感じを保つのに神経を使います。

幼稚園は子どもが主役の場所で、あくまでも親は付属品だと思います。
園のことでわからないことは先生に聞けばいいし、親同士、情報交換できる程度の深入りしない付き合いにとどめておけば、あまり悩むこともないと思います。
親同士、顔見知りになっておくことは子どもの事を考えると大切なことです。
知り合いになって、気が合って友達になることは悪いことではありませんが、親が友達を作ることに力を入れる場所ではないと思っています。
きちんと挨拶をして悪口を言わず誰の味方もせずそこそこの世間話をして、気が向いたら一緒に遊ばせる程度にとどめておくと良いと思います。
そこから先は縁があれば自然と親同士も友達になっていくと思います。
何もしていないのに、人間関係が複雑になったりはしないです。
深入りしないことがポイントです。
(はゆはゆ43歳・5歳娘・青森県在住)

先輩ママの体験談:特定のママとだけ仲良くすると決めない

KNSL_おでかけ秋 (3)公立幼稚園で人数が少なく園児が過ごしやすい、行事や農作業体験がたくさんできる良い幼稚園だと思っています。
誰かとは仲良しになりたいと思うのですが、人数がとても少ないので選べません。
誰かと仲良しになりたいと意気込むと、余計にしんどいかもしれません。
特定のママとすごく仲良くなりすぎても困りますし、自然にその時々に応じて、色んなママ達と話ができると良いですね。
(ゆかりママ40代・10歳息子・5歳娘・岡山県在住)

先輩ママの体験談:余り深入りしない

akko_おでかけ (20)行事や役決めなどで集まるとき、いつの間にかママ友グループができていてランチや夜ママ会の予定を率先して決めるママがいる。
一応声をある程度にはかけたりするが頻繁にやっていた。
自由をモットーにした幼稚園に通わせた。
あまり深入りしないようにし、何か行事などがあったりする集まりの時にだけ参加する。
本当に仲良くできるママか判断し仲良くする。
(ひゅうまい28歳・7歳息子・0歳娘・栃木県在住)

先輩ママの体験談:最初は距離を保つことも大事です

akko_おでかけ (7)私立の幼稚園で行事が多く保護者は大変なところもありますが、子どもたちと楽しい時間を共有できます。
初めて仲良くなった方が、とにかくご主人の悪口を話すことが大好きでした。
どういう風に返答したらいいかほとほと困りました。
初めのうちは多少の距離感があった方がいいと思います。
入園したては不安ですぐにでも友達をつくらなきゃと焦りがちですが、そこはゆっくりで大丈夫です。
(Tなっつ43歳・6歳息子・金沢市在住)

3.きっかけ作りも難しい

慣れない幼稚園生活は準備や持ち物ひとつにも不安になります。
不安だから取り敢えずママたちに声をかけてみるのも良いと思いますが、慎重になるのも大事ですよ。
これから2年、3年と続く幼稚園生活ですから、お付き合いも長くなります。

落ち着いてママたちを見てみると、気の合いそうなママが一人は必ずいますよ。
焦らず、ゆっくりと探してみてくださいね。
必ず気の合うママと出会えます。
お互い助け合えるようなママ友に出会える良いですね。

先輩ママの体験談:ママ友作りの最初が難しい

KNSL_外 (6)幼稚園の行事でポツンと一人になりたくないのは皆も同じすが、最初の友達作りが一番大変でした。
バス通園の子どものお母さんとは行事でしか会わなかったので、お母さんと子どもをセットで覚えるのが大変でした。
お母さんは〇〇ちゃんママでいいですが、子どもの名前とお母さんをセットで覚えるのが難しかったです。
(ブルーベリーママ34歳・5歳娘・秋田県在住)

4.対応も見られています

ママの受け答えや対応は対応されている当事者だけでなく、結構他のママからも見られています。
対応が悪ければ、噂になって居心地が悪くなることもあるようです。
気が抜けなくて大変ですね。
気楽に話もできないの?と思うかもしれませんが、簡単に考えてみてはいかがでしょうか。

  • 自分が言われて嫌なことは言わない
  • 特定の人だけに意地悪をしない
  • 悪口を言わない

考えてみると、普段ママが子どもに言い聞かせていることと同じではないでしょうか。
大人も子どももされて嫌なことは同じですね。
少しの心掛けで「〇〇ちゃんのママって良い人よね」と言われますよ。

先輩ママの体験談:失礼のないように接する

KNSL_おでかけ秋 (1)私立の各学年一クラスしかない少人数の幼稚園で母親の出番が多い幼稚園でした。
3年間付き合っていくお母さんたちで、特に私はクラスでダントツに若かったこともあり失礼のないように接することに気を遣いました。
最初はとにかく年齢のこともあり不安だらけで、色んな話をするようにしました。
あとは、分らない事があったら先輩ママに聞きました。
(はつまる30歳・6歳息子・2歳娘・東京都在住)

5.途中から参加するもの難しい

弟妹の出産や転園で、他のママたちと足並みが揃わないことだってありますね。
グループもできあがっているところに入っていくのは、なかなか勇気がいりますね。
でも、ここでも焦らずにいきませんか?
焦ったところで状況は変わりませんから、落ち着いて周囲を見てみてください。
気の合いそうなママがきっといるはずですよ。

先輩ママの体験談:出産すぐでママとの交流に出遅れた

KNSL_外 (5)公立幼稚園です。
下の子を出産して1カ月の頃に入園しました。
4月は幼稚園に保護者が行かないといけない行事がほぼ毎日のようにありました。
いくつかパパに行ってもらっていたので、他のママとの交流に出遅れた感じがありました。
保護者会の役員決めもパパに代わりに行ってもらったのですが、それだけは無理してでも自分が行けば良かったと思いました。
(ちーちーちゃんママ37歳・5歳息子・0歳娘・広島県在住)

先輩ママの体験談:転園で交流に出遅れた

KNSL_遊び (3)運動と勉強に力を入れていて、行事が多いですが先生と子どもたちがとても仲が良い幼稚園です。
転勤で年中から入園したのですが、すでにお母さんたちの輪ができてており、年齢も一回りぐらい違う方ばかりで、行事ではいつも一人でした。
行事ごとに行ける人だけでお昼ご飯を食べに行きました。
その都度年齢を聞かれるのでとても驚かれ興味を持っていただけたので、そこから話に入っていけるようになりました。
(あおいとまと24歳・5歳息子・3歳娘・福岡県在住)

まとめ

幼稚園ママとのお付き合いは気も遣い、緊張しませんか?
苦手なママや苦手なグループも正直でてくる、あるいはもうすでにあるかもしれませんね。
大変ですがなるべくうまく付き合っていきたいですよね。
わざわざ敵対する必要もなく、誰とでも同じような態度を貫き、悪口を言わなければ結構上手く付き合っていけるかもしれませんよ。
行事の打ち上げも気が進まなくても参加してみると、新しい付き合いの輪が広がり、思ってもみなかったママと仲良くなれることもあります。

これから入園するママ、アドバイスが参考になったのではないでしょうか?
既に幼稚園生活を送っているママ、学年が変わる時も付き合いを変えるチャンスですよ。
先輩たちのアドバイスを是非参考にして対応策を考えてみてくださいね。
ママも子どもに負けないくらい楽しい幼稚園ライフをおくれますように。

関連の記事

子どもにとって安全な遊び場はどこ?親も子も安心な環境3選
子どもにとって安全な遊び場はどこ?親も子も安心な環境3選

ABOUTこの記事をかいた人

元図書館司書ライター 崎山祐子

小学校高学年の男の子の母親として主に育児系媒体で執筆している"お母さんライター"です。図書館司書の資格を大学で取得し、図書館での勤務経験もあります。子育ては、親育てともいい、私自身も今でも子どもからいろいろ教わる日々です。子育ては悩みの連続で、これでいいのかと不安もたくさんですよね。でも、みんなそうなんです。このサイトで子育てのヒントを見つけてくださいね。兵庫県在住/趣味はピラティスと家族の影響でゴルフと言いたいのですが、ゴルフはまだまだ初心者。でもいつかは…。/特技は料理(でも居酒屋料理専門です)ハンドメイドに凝っていて、オーダーをもらって商品を作っています。