幼稚園児が完食しやすいおかず9選!子どもが好きなお弁当をつくるコツ

執筆者:pro崎山さん崎山祐子

幼稚園児のお弁当の鉄板おかずはコレ!

4月から待ちに待った幼稚園が始まる中で、一番の気がかりがお弁当作りというママも多いのではないでしょうか。
どんなおかずを入れたらいいのか、完食してもらうにはどんな工夫をしたら良いのか悩んでいるママ、いませんか?

毎日作るお弁当、朝早くから頑張ってせっかく作るのですからできれば完食してもらいたいですね。
そこで、幼稚園児がこれなら完食してくれたというおかずをご紹介します。
こんなことで食べてくれるの?これは便利、我が家でも試してみようというアドバイスもたくさんご紹介しますね。

野菜のおかず1.枝豆

枝豆


枝豆は冷凍もできるので便利な食材ですね。
ただ、子どもにとっては意外と房から取り出して食べるのが難しいのです。
房から豆を取り出し、細めのピックや爪楊枝などに豆を2、3個刺して入れてあげてください。
食べやすく彩も添えられるので、是非活用してくださいね。

先輩ママの体験談:枝豆を取り出し串にさします

KNSL_おでかけ秋 (2)必ず食べてくれたのは、枝豆を可愛い串に3つ位さしたものです。
甘い卵焼き、俵型おにぎり、タコさんウインナー、チーズも食べてくれました。
(アキ38歳・6歳息子・東京都在住)


卵系のおかず1.オムライス

オムライス
子どもが大好きで人気のオムライスがお弁当にも入っているとテンションが上がりますね。
いつも使う26センチや28センチの丸型のフライパンで作ると、どうしてもできあがりが大きくなってしまいませんか?
卵焼き用の長方形のフライパンを使用して作るとお弁当箱に納まりやすくなりますよ。

先輩ママの体験談:のりより具を混ぜ込んだおにぎりで

akko_おでかけ (38)小さくて食べやすい大きさのおにぎりで、のりは食べにくいからと混ぜるふりかけのおにぎりが良いみたいでした。
ミートボールは必ず食べてくれます。
1番好評なのはオムライス弁当、その次はおにぎり2つ、ブロッコリー、ミートボール、フライドポテト、プチトマトです。
(ちしゃ31歳・3歳息子・神奈川県在住)

先輩ママの体験談:ご飯も工夫します

20151230_ayatama_t (15)オムライス、ブロッコリー、トマト。
おにぎり2つ、ハンバーグ、卵焼き、枝豆。
のり巻き、唐揚げ、トマト、ほうれん草のソテー。
(サラサラ26歳・5歳娘・神奈川県在住)


卵系のおかず2.卵焼き

甘い卵焼き、お出汁の効いた卵焼き、家庭の味が出る卵焼きですね。
横幅9センチぐらいの玉子焼き用の長方形のフライパンが一つあると便利ですよ。
子どものお弁当箱は小さいので、卵焼き用フライパンも小さめを用意してくださいね。
卵だけでもおいしいですが、のり、たらこ、チーズなどを巻くとバリエーションが豊かになり、飽きがこないですよ。

先輩ママの体験談:冷凍食品も入れます

20151229_KNSL_t05卵焼きは必ず食べてくれます。
あと、おにぎり2つも食べてくれます。
冷凍食品ですが、星の形をしたポテトも好きです。
あとはキャンディーチーズかな。
(じゅんママ39歳・5歳息子・2歳息子・東京都在住)

肉系のおかず1.サイコロステーキ

お肉を1パック買って、小分けにして冷凍しておくと何回かに分けて使えるので便利ですね。
サイコロステーキだけでなくスライス肉も人気です。
味も焼肉のたれ、すき焼きのたれ、しょう油など少し濃いめの方が食欲が増すようですよ。
焼肉のたれや、すき焼きのたれは、野菜炒めなどの味付けにも使えるのであると便利です。

先輩ママの体験談:おにぎりは子どものこぶし大にする

KNSL_外 (17)主食となる物はふりかけご飯、おかずは卵焼き、茹で野菜(ブロッコリー・人参)が定番でした。
お肉のおかずはシュウマイ、ミートボールが定番ですが、子どもが喜んでくれるのはサイコロステーキです。
形成肉なので柔らかくで食べやすいようです。
おにぎりの時は子どもの握りこぶし位の大きさで2、3個を持っていきます。
(はつまる30歳・6歳息子・2歳娘・東京都在住)

肉系のおかず2.鶏肉の照り焼き

鶏肉も1パック買って、小さくカットして小分けで冷凍しておくと便利に使えます。
甘辛いたれで焼かれた鶏肉は子どもも大好きですね。
その甘辛いたれで鶏肉だけでなく、いんげんやブロッコリーなども一緒に焼いて入れてみると一緒に食べてくれますよ。

先輩ママの体験談:簡単キャラ弁も人気です

20151230_ayatama_t (5)ご飯は白いままだと食べないことも多いので、キャラ弁に抵抗がなかったらおにぎりの延長でできるキャラクターなどにします。
スヌーピーや雪だるまなどは中に好きな具を入れてラップで形を整えて海苔で顔をはれば簡単で衛生的です。
鶏肉の照り焼き、卵焼き、ミニトマト、キャラ物のウィンナー、ほうれん草ベーコン、枝豆、レンコンのキンピラ等が私の子どもは好きです。
(はゆはゆ43歳・5歳娘・青森県在住)

肉系のおかず3.ウインナー

ウインナーも皮つき、皮なしがありますね。
子どもの好みに合わせて選んであげてください。
ウインナーは一番細工しやすい食材ではないでしょうか。

タコ、ウサギ、カニなど、目は黒ごまや白ごまでつけてあげてくださいね。
フライパンで炒めると足が取れたり、目が取れてしまうこともあります。
レンジで加熱する方法やお湯の中でボイルする方法がオススメですよ。
ウインナーをフライパンの上で転がす必要がありませんので、形が保たれやすくなります。
お試しくださいね。

先輩ママの体験談:彩もきれいにしました

akko_公園 (2)俵型おにぎり2つ、タコさんウインナー、からあげ、卵焼き、枝豆かブロッコリー。
デザートに別容器でイチゴや一口ゼリー。
(ココア33歳・3歳娘・0歳娘・大分県在住)


肉系のおかず4.ミートボール

子どもに人気のミートボールですが、丸いのでお箸ではさむ、フォークで刺すのが難しいようです。
最初からピックなどで刺して入れてあげてくださいね。
ピックはお弁当に入っていると華やかになります。
ただ、幼稚園によってはピック禁止のところもありますから、その場合は爪楊枝を使ってくださいね。

先輩ママの体験談:ミートボール大好き

akko_室内 (13)小さめおにぎり2つ、ミートボール、茹でブロッコリー、ミニトマトに卵焼きが最も喜ぶお弁当でした。
ミートボールやたまごやきはウィンナーになったり、前日の残りの煮物などのときも多いです。
(こうまま37歳・6歳息子・4歳娘・石川県在住)


肉系のおかず5.から揚げ

お弁当の定番おかずのひとつのから揚げは、子どもだけでなく大人にも人気ですね。
下味をつけた状態で冷凍保存しておくと便利ですよ。
から揚げの大きさもできれば一口大にしてあげてください。
噛み切りながら食べるのは結構難しいので、小さめがうれしいですよ。

先輩ママの体験談:彩より食べること重視で

KMSL_おでかけ (10)はじめのうちは彩りよりも食べてくれることが大事だと思います。
子どもは、一口サイズのおにぎり3つ、から揚げ、さつまいもの素揚げ、ミニトマトを入れたら完食でした。
(あゆうせいママ31歳・4歳娘・2歳息子・福島県在住)


炭水化物系のおかず1.グラタン

最近はお弁当作りを楽にしてくれる、手助けしてくれるアイテムがたくさん売られていますね。
便利なものの一つに、シリコン製のカップがあります。
何度も洗って使うことができますので、経済的ですね。

食洗機にも入れることができるものや、レンジ対応してくれるカップまであります。
グラタンやスフレなどを始めからカップに入れて調理し、そのままお弁当に入れることもできます。
型崩れの心配もなく、洗い物も減る便利なアイテムですから、是非活用してくださいね。

先輩ママの体験談:嫌いな食材も好きな料理で食べてくれる

akko_おでかけ (1)子どもが3歳の時は、グラタンのカップを入れておくと必ず食べてくれました。
嫌いなブロッコリーもグラタンにして入れたら食べてくれたので、我が家では定番でした。
小さなおにぎり3つにウインナーと卵焼き、プチトマト、グラタンのカップやきんぴらごぼうが定番お弁当でした。
そういえばきんぴらも残さず食べていました。
(ののむら30歳・4歳娘)

まとめ

幼稚園に持っていくお弁当は小さくて、正直手間もかかりますね。
栄養バランスや彩も考えて一生懸命ママが作っても残されてしまうととても悲しいです。
私の子どもが幼稚園の時も1週間に2回でしたがお弁当が必要でした。
小さなお弁当にいろいろ工夫をして詰めました。
お弁当の料理本も買いました。

いろいろ凝ったおかずも素敵ですが、3年間作って思ったことは、やはりママが普段作っていて食べ慣れたものを一番食べてくれるということでした。
簡単に食べられて、ママが思うよりも小さいサイズにすることで完食の回数が増えましたよ。

我が家の人気メニューは簡単サンドウィッチでした。
サンドウィッチ用のパンを軽くトースターで焼き、薄焼き卵と軽くあぶったハムを挟むだけです。
それをミッキーマウスのクッキー型で抜いて、一つずつラップして持たせました。
早く食べられることと、子どもの好きな味ということで人気でした。

栄養バランスも気になるところですが、まずは好きなものを入れてあげてくださいね。
お弁当のふたを開けた時、自分の好きなものが入っていると、テンションが上がって完食へとつながりますよ。
栄養バランスは朝食や夕食で摂ることにして、アドバイスを参考にまずは楽しいお弁当時間にしてあげるおかずを作ってあげてくださいね。

関連の記事

幼稚園児のお弁当で完食する工夫4選!子どもが食べやすいポイントを教えます
幼稚園児のお弁当で完食する工夫4選!子どもが食べやすいポイントを教えます

ABOUTこの記事をかいた人

元図書館司書ライター 崎山祐子

小学校高学年の男の子の母親として主に育児系媒体で執筆している"お母さんライター"です。図書館司書の資格を大学で取得し、図書館での勤務経験もあります。子育ては、親育てともいい、私自身も今でも子どもからいろいろ教わる日々です。子育ては悩みの連続で、これでいいのかと不安もたくさんですよね。でも、みんなそうなんです。このサイトで子育てのヒントを見つけてくださいね。兵庫県在住/趣味はピラティスと家族の影響でゴルフと言いたいのですが、ゴルフはまだまだ初心者。でもいつかは…。/特技は料理(でも居酒屋料理専門です)ハンドメイドに凝っていて、オーダーをもらって商品を作っています。