幼稚園児のお弁当で完食する工夫4選!子どもが食べやすいポイントを教えます

執筆者:pro崎山さん崎山祐子

全部食べてもらうコツ

幼稚園に入るとお弁当作りが始まります。
栄養バランスを考えて、彩も考えて朝早くから起きて作ってあげているママも多いのではないでしょうか。
小さなお弁当を一生懸命考えて作ったのに、全部食べてくれないと悲しいですよね。

どうしたら子どもが喜んで完食してくれるお弁当が作れるのでしょうか?
悩むママに、アドバイスを送りますね。
どうやら、「おいしかったよ、全部食べちゃった」と言ってもらうためには、少しだけ工夫が必要のようです。
アドバイスを参考にすると、きっと明日からは空のお弁当箱を持って元気に降園してきてくれますよ。

1.一口大で食べやすくする

akko_食事 (7)


意外と思うママも多いかもしれませんが、おかずやおにぎりは一口大にすると良く食べてくれます。
お皿と違い、小さいお弁当箱に入っているおかずをフォークで刺す、あるいはスプーンですくうのは子どもにとって難しいのです。
一口大にして最初からピックなどを刺して入れておくと、簡単に食べられますね。

おにぎりもフォークは使わず、手で持って食べる子どもが多いのです。
フォークやスプーンをちゃんと使って食べて欲しいなとママとしては思いますね。
しかし、まずは幼稚園で楽しくお弁当を食べることを覚えてもらうことから始めてみませんか。

先輩ママの体験談:おかずは一口大の大きさで

KNSL_外 (13)一口大に出来るおかずは可愛いピックを刺して入れたり(ミートボールやからあげ等)、卵焼きをハート型に抜いたり、同じおかずでも子どもが好きな形や可愛いと思うグッズに頼ります。
ただのウインナーに海苔で顔を付けたりするだけでも、面白がって食べてくれています。
おかずの品数を多く、1品の量は一口分くらいにします。
味付けは、ご飯自体に味をつけることも多いので、おかずも弁当用に濃い目にせずに普段と同じにしています。
(はゆはゆ43歳・5歳娘・青森県在住)

先輩ママの体験談:ピックで簡単に食べられるものを入れる

KNSL_外 (10)多すぎると残されたり、遊ぶ時間がなくなるので少し少なめが良いみたいです。
見た目にこだわりすぎて普段食べ慣れないものを入れると食べないです。
残さずピカピカにすると先生にほめられるみたいで少しずつ食べてくるようになりました。
最初はピックなどで簡単に食べられるおかずが良いみたいです。
(ちしゃ31歳・3歳息子・神奈川県在住)

2.いつもより少し少ない量にしてみる

akko_食事 (8)
お腹がすいたらかわいそうだから、できるだけたくさん入れてあげたいと思うのが親心ですね。
幼稚園に行き始めた最初の頃は、子どもは幼稚園に行くだけで幼稚園にいるだけで緊張しています。
家でならママが助けてくれますが、積極的な助けがない中でお弁当を食べるのは難しいですね。

食べきれずに残してくるのは、ママのお弁当が嫌だからじゃないんです。
慣れない環境の中で食べるのですから、まずは少し少ないぐらいの量から始めてあげてくださいね。
残して帰ってきても怒らずに、笑顔でまた明日持って行ってねと声をかけてあげてください。
もし完食して帰ってきてくれたら、大袈裟なぐらい喜んでみてください。

子どもはママが喜んでくれるのがとてもうれしいので、そのうち完食して帰ってきてくれる日が多くなってきますよ。
余裕が出てきたのを確認してから、ウインナーを1本増やしてみましょう。
いきなり量を増やすと子どもも困惑しますから、徐々に増やしてあげてくださいね。
そのうち、子どもから「もう少し入れてね」とうれしいリクエスがあるかもしれませんよ。

先輩ママの体験談:少し少ない量から始める

KNSL_室内 (1)少し少ないかなくらいの量がちょうど良いと思います。
完食すると満足感にもつながります。
盛りつけは、彩りがよいと食欲が湧きますよね。
(こうまま37歳・6歳息子・4歳娘・石川県在住)


先輩ママの体験談:たくさん詰め過ぎない

akko_公園 (6)彩りをよくしようと、あれこれたくさん詰めすぎると子どもは食べきれません。
彩りはピックなどでなんとかなります。
主食、副食のメイン、サブメイン、野菜があれば十分だと思います。
(ココア33歳・3歳&0歳娘・大分県在住)


先輩ママの体験談:たくさんの量を入れない

akko_ねんね (3)幼稚園児は量はあまり食べません。
お弁当箱の中にすべて入れる感じでお稲荷さんやたわらオニギリ、フルーツも入れると食べてくれます。
(アキ38歳・6歳息子・東京都在住)


先輩ママの体験談:家で食べるより少ない量にする

akko_室内 (27)はじめは家で食べるよりも少なめの量で良いです。
子どもが望んだら、おにぎりにのりで目や口を付けてあげるだけでも喜んでくれると思います。
(あゆうせいママ31歳・4歳娘・2歳息子・福島県在住)


3.盛り付けや彩も大事です

お花弁当
今日は妖怪ウォッチの〇〇が、仮面ライダーのウインナーが、プリキュアの〇〇がお弁当に入っているよと言うだけで、飛んだりスキップするぐらい喜んでくれませんか?
単純なことですが、とても効果があります。
子どもがお友達のお弁当に入っていたキャラクターやウサギのウインナーをうらやましがったら、チャンスですよ。

子どものリクエストにできるだけ応えてあげてください。
自分のお弁当にも入っていると思うだけで子どもの目はキラキラします。
そして、お弁当の時間を待ち通しく思い、自慢げにふたをあけて間食してくれるはずです。
キャラクターが入っているという単純な喜びとともに、ママが自分の要求に応えてくれたという喜びも同時に味わえ、2倍以上の喜びを感じているはずですよ。

先輩ママの体験談:盛り付けをかわいらしくする

KMSL_室内 (13)おにぎりに顔をつけてあげたり、卵焼きをハートの形に盛り付けてあげたり、トマトや枝豆を可愛いようじにさしてあげる。
(サラサラ26歳・5歳娘・神奈川県在住)


先輩ママの体験談:食欲そそる香りと味付けにする

KMSL_室内 (9)卵焼きはだし巻き卵の場合、青のりを入れて焼くとポテトチップスののり塩味に近くなり好評です。
お肉は焼肉のたれなどを使い、少し味を強調させると食が進むようです。
盛り付けは可愛さよりも食べやすさを考えて入れますが、全く可愛くないとテンションが下がるかな?!と思い、ピックを可愛いものにしています。
(はつまる30歳・6歳息子・2歳娘・東京都在住)

先輩ママの体験談:キャラクターや彩に助けてもらう

KNSL車・シート (3)どうしても色目が茶色になりがちなので、食べても食べなくても彩りにプチトマトを入れていました。
にんじんを星形に抜いて煮たものを入れたり、あとスーパーに売っているキャラ物のかまぼこなどを入れると喜んでいました。
キャラクターの形に切り抜かれたのりなども販売しているので、ちょっと派手にしたいときはそういうものを使っていました。
(ののむら30歳・4歳娘)

4.子どものリクエスト弁当にする

パンダ弁当
お弁当の中に野菜もお肉も入れて、バランス良く食べさせたいですね。
野菜嫌いの子どもも多く、お弁当に1品でも自分の嫌いなものが入っているとテンションが下がってしまう子どももいるようです。
もちろん嫌いなものは残し、全体に食べる量が減ってしまう場合もありますね。

お弁当は幼稚園の中でも子どもにとっては楽しみの時間です。
まずは、子どもが喜ぶものを入れてあげてください。
リクエストをしてくれたらできるだけ応えてあげてください。
栄養のバランスが取れていなければ、朝食や夕食で補ってあげる方法もありますよ。

先輩ママの体験談:子どもの好きなものを入れる

KNSL夏(11)好きなものや、リクエストされたものを入れるとテンションが上がって食べてくれます。
嫌いなもの(うちの子どもは野菜)も好きなものに紛らわせて入れると、食べているようです。
(じゅんママ39歳・5歳&2歳息子・東京都在住)


まとめ

私も息子に幼稚園のお弁当を作って持たせていました。
お弁当箱にいろいろ入れてやりたい気持ちで作りましたが、小さなお弁当箱はすぐにいっぱいになってしまい苦労しました。
息子は好き嫌いが多く、さりげなく嫌いなものを混ぜて入れておいても残して帰ってきました。
お弁当を残されるととても悲しい気持ちになりますよね。

そこで思いついたのが、単純に子どもの好きなものしか入れないという方法でした。
好きなものだけが入っていると残す要素は減りますから、残さずに帰ってきました。
バランスを考えて入れてやりたいのですが、お弁当はお楽しみだからと割り切って足りないものは他の食事で補えば良いと考えるようにしました。

また食べにくかったという理由で残されることもありました。
これが食べにくいの?と思うものでも結構子どもは食べにくいものがあります。
例えば枝豆も豆を袋から出して食べるのは難しいので、豆を取り出して3つぐらいをピックで差して入れました。
おにぎりも手で食べる方が楽なのでラップに巻いて入れました。
大人のお弁当をつくるより手間がかかります。

大変ですよね。
でもその一手間が完食への一歩ですよ。
徐々にその手間も減っていきますから、安心してくださいね。
お弁当を用意しているときからワクワク、幼稚園でお弁当を開けてワクワク、全部食べたよとママに喜んでもらえて喜んでいる子どもを見ると、それだけで報われませんか?
アドバイスを参考にいろいろ試してみてくださいね。
子どもに合う方法があって、完食して帰ってきてくれると良いですね。

関連の記事

おやつが大好きな子供!食事の量が少ない時おすすめな3つのこと
おやつが大好きな子供!食事の量が少ない時おすすめな3つのこと
3歳児・4歳児が幼稚園で友達ができる秘訣はコレ!馴染む対策4選
3歳児・4歳児が幼稚園で友達ができる秘訣はコレ!馴染む対策4選

ABOUTこの記事をかいた人

元図書館司書ライター 崎山祐子

小学校高学年の男の子の母親として主に育児系媒体で執筆している”お母さんライター”です。図書館司書の資格を大学で取得し、図書館での勤務経験もあります。子育ては、親育てともいい、私自身も今でも子どもからいろいろ教わる日々です。子育ては悩みの連続で、これでいいのかと不安もたくさんですよね。でも、みんなそうなんです。このサイトで子育てのヒントを見つけてくださいね。兵庫県在住/趣味はピラティスと家族の影響でゴルフと言いたいのですが、ゴルフはまだまだ初心者。でもいつかは…。/特技は料理(でも居酒屋料理専門です)ハンドメイドに凝っていて、オーダーをもらって商品を作っています。