着替えを嫌がる2歳児!自主性を伸ばすおすすめしたい3つのこと

自我が芽生え始めた2歳頃に直面する「イヤイヤ期」。

このイヤイヤ期は、単なる我儘のように感じられてしまいがちですが、赤ちゃんから子供へと成長している証です。

特に女の子は、精神的な成長も早いので、「何でも自分でやってみたい」という感情も出てきますね。
【下へ続く】

2歳女の子の自主性を伸ばしつつスムーズに着替えをする方法

この頃は、

  • 着替えを嫌がる
  • 着替えを全部一人でやりたい
  • 着る服を自分で選びたい

など、様々な欲求が出てきますよね。
お出かけ前の忙しい時に限って着替えてくれない、冬なのに半袖を着たがる、など困っているママも多いのでは?

そんなときに、少しの工夫で、子どもの「やりたい」気持ちを大切にしながら、着替えをスムーズにする解決策をご紹介します。

1.着替えをゲームとして取り入れる

お風呂上り
着替えを嫌がる子どもに「どっちが早く着替えられるか競争ね!」と言って、ママも一緒に着替えましょう。
「よーいドン!」の掛け声とともに、スピード重視で着替えをさせます。

後で仕上げをしてあげることにして、とにかく着替えをさせることに重点をおきます。

もちろん、子供の方が勝つように仕向けますが、子供が勝った場合には大袈裟に悔しがったり、褒めてあげて下さいね。
そうすることで、着替えは楽しいゲームという感覚になり、着替えを嫌がることが減ってきますよ。

また、似たような方法で「カウントダウンゲーム」も有効的です。

着替えをしている間に「10、9,8・・・」とカウントして、ゼロになったら、くすぐるなどの罰ゲームをします。

着替えを嫌がることなく、スムーズに着替えをさせることができます。

2.できることだけを率先してやらせる

女の子ども2


急いでいるときに限って、自分でボタンを留めたがったり、時間がかかってしまう場合におすすめです。

ママはあらかじめボタンを途中まで留めておいて、最後の一個だけ留めさせるなどの工夫をしましょう。

また、靴下やズボンなど簡単に着られるものを、最後にお願いすることで、自分で着替えた!という満足感を得られますね。

3.選択肢を絞っておく

女の子ども4
子どもは、着たい服を選びたがりますが、チグハグな組み合わせで困ることも多いですよね。

そんなときには、どの組み合わせで着ても大丈夫な服を2~3種類に絞っておいて、用意してあげましょう。

できれば、子供のお着替え専用のケースなどを用意して、事前に服を入れておくと、自分で選んだ!と満足できますね。

先輩ママの体験談

我が家では、2歳になった頃から、なかなか着替えをしなくなり困りました。
今まではされるがままに着替えをさせられていたのが、この頃はとにかく着替えをさせようとしても逃げる、パジャマを脱がせてもまた履くなどの抵抗をしていました。
最初のうちはその度に叱っていたのですが、益々頑なになってしまったので、ある時から着替えを物語風に行わせるようにしました。
私がぬいぐるみを誘拐して、それを助けるためには●●ちゃんの着替えが必要なのだ…のようなストーリー仕立ての物語を作り、遊びながら着替えさせるというもの。
とても単純ですが、娘にはそれがとても面白かったようで、着替えを嫌がらなくなりました。
さらに、それすら時間がなく面倒な場合には、「着替え競争」と題して運動会での定番テーマ曲を歌いながら、着替えさせることも。
嫌がるものを叱っても、解決策にはならないので、我が家では何かを「嫌」と言う場合には、何でもゲーム感覚で楽しく行うように心がけています。
つくねママ・38歳・東京都

まとめ

どうしても忙しいときは「早く着替えなさい!」など叱ってしまいがちですが、
叱られると余計にやらなくなるのが、このイヤイヤ期の特徴でもあります。

イヤイヤは、裏を返せば「やりたい!」という気持ちの表れです。できるだけ子どもの意思を尊重してあげたいですね。

関連の記事

2歳児の癇癪でクタクタ!自主性を伸ばし穏やかに過ごす3つの工夫
2歳児癇癪

ABOUTこの記事をかいた人

保育士ライター 太田清美

保育士として長年幼児教育に携わってきた北関東在住のライターです。3人の子どもも中高生となり、保育園で接する子どもたちが、より可愛らしくて仕方ありません。 仕事柄、仕事を持つママ・パパと接する機会がたくさんあります。仕事で疲れた顔をしていても一生懸命な姿を見ると、「そんなに無理しなくても子どもはちゃんとわかっているよ~」と声をかけるようにしています。「こうしなければ!」という義務感で苦しまず、のんびりと子育てしたいですね!