知育教材はどれがいい?先輩ママの口コミ・こどもちゃれんじ編

こどもちゃれんじ

子ども向けの通信教育はたくさんありますよね。
開始の対象年齢は年々低くなっている傾向があります
それだけ、子どもの教育に対して親が真剣に向き合っている証拠なのかなと思います。

そんな通信教育の中の一つにベネッセのこどもちゃれんじがあります。

よくご存知のしまじろうがキャラクターで、子どもたちに大人気ですよね。
お友だちの中でもこどもちゃれんじを受講している子どもが多いと思います。
それだけ選ばれているこどもちゃれんじってどんな特徴があるのでしょう。

メリット・デメリットが知りたい!

先輩ママさんたちも使っています。
その体験談をご紹介しますね。

いつ何を習うかの良い目安です

ym (5)
自分が子どものころからあるこどもちゃれんじ。
私自身もよくお世話になりました。
大人になりすっかり存在を忘れていましたが、子どもを生んで、どこからともなくちゃれんじの案内が家に届いたとき、まだ続いていたのだと驚きました。
こんなにも長く続けられるのは、やはり実績がある証なのかなと思います。

始めは案内の中にあるお試し教材で遊ばせているだけで満足でした。
何回か案内をもらったり、教材のサンプルと説明を読むうちに、やってみてもいいかなと思い、いつでも解約できるというシステムにも納得し、試しに始めました。

子どもだけでなく親にもいいアドバイスをくれます

ym (10)


子どもが今の年齢で、どんな遊びがすきで、どんなことができるようになっていたら良いか、どうやって親子で関われば良いかなど、月齢にあった教材とアドバイスの資料を提供してくれるのがとても心強いところです。
自分一人で子どもと遊ぼうとすると、遊び方がかたよってしまったりするので、自分では思い付かなかった遊び方や関わり方などを学んでいけました

また、数字やひらがなは早いうちからゆっくりと、でも少しずつ楽しみながらしっかり覚えてほしかったので、自分で教えるだけでは手間もかかるしノウハウもなかったので、テキストがとても役にたちました。

何より自分一人でこの遊び方や関わり方でいいのか、という悩みがなくなるのが助かります。

家庭で遊びながら学べるという点では申し分ありません。
さらに多くを望むなら、外遊びのための教材や、お友達と楽しめるような工夫がなされるとより魅力的な教材になるのではないかなと思います。

先輩ママのプロフィール:東京都在住・当時34歳、2人の娘
(イベントやお祭りにいくのが好きで、子どもといろんな体験を共有したいと思っています)

ひらがなを覚えました

赤ちゃん子どもf-15
始めるきっかけは、ダイレクトメールでのお試し教材でした。
子どもが興味をもったのはもちろんですが、甥っ子が受講していて、内容もよく知っていたので、我が子にも受講させました。

英語のお試しDVDなどがあるととても興味をもっていたので、時期をみながら、英語の教育に力を入れたいとも思っていました。
教材の内容は、小さなうちは絵本やおもちゃなど、遊びを通して周りのお友達との関わり方を学ぶことができます。
その後、自分で考えて、さまざまな遊びの発想を身につけていけるといった、楽しみながら学んでいく!といったものでした。

年齢に合わせて、一人遊びの段階から、お人形や◯◯屋さんごっこのおもちゃで、周りのお友達との関わりあいを学ぶこともできます。
絵本やDVDで、幼稚園入園に向けての期待を膨らませられるのも魅力でした。

日常生活からお勉強まで

ym (41)
歯磨きのやり方や、おもちゃのお片づけ、食事の食べ方、お手伝いなどなど、日常生活もキャラクターと一緒に学んでいけました。
幼稚園に入ると、少しずつ数を数える遊びや、ひらがなマシーンなどでひらがなを自然と身に付けるようになります。
我が子は、ひらがながなかなか覚えられなかったのですが、この『ひらがなマシーン』でひらがなをしっかり覚えることができました。

1歳から6歳のお誕生日までの間、受講しました。
自分の子どもにはとても合っていたと思いますが、小学校入学にむけて、お勉強教材に移行し始めたので、お勉強は別のところでと考えていたため、退会しました。

先輩ママのプロフィール:母親30歳〜36歳の頃・息子12月生まれ・千葉県在住
(主人が仕事でほとんどいないので、長男が小さな頃は2人きりばかりでした。気の優しい、素敵なお兄ちゃんに育ってくれています。)

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

まとめ

こどもちゃれんじは、日常生活からひらがな、数までを網羅できる教材です。
教材は月齢に合わせた内容で、DVD、絵本、知育玩具を使って学習が定着すると言われています。
子どもとの関わり方のヒントも書かれているので、お母さんは参考にして、子どもの成長の手助けができるといいと思います。

公式サイト:「しまじろう」と共に、さまざまな成長体験との出会いを!<こどもちゃれんじ>

こどもちゃれんじ

ABOUTこの記事をかいた人

西藤みき

小学校教諭を経て、広島の教育系企業で働いているママライターです。 大学では教育学を専攻し、児童心理学も独学で学びました。 2人の娘を育てながら、パートとして家計をサポートしつつ、コラム執筆をしています。大好きなのは子どもと行くカラオケです。日々のストレスを発散しています。 岡山出身・広島在住