英語教材はこれを選びました!先輩ママのおすすめ教材

英語教材

英語に対する苦手意識があるお母さん、割といらっしゃいますよね。
中学校でも高校でも、大学でも習ったはずなのに・・・。
たまに行く海外旅行や映画の字幕なしで見る、それぐらいしか使わないとなると、忘れたり、苦手意識を持ってしまいます。

でも、子どもたちの世代だと、自分たちの時よりもっと英語が必要となってくる、現に小学校でも導入されている。

焦ってきますよね。
子どもには、英語に対して苦手意識は持ってほしくない、できれば自然に会話できるぐらいに習得してほしい。
そんな願いをかなえる教材があります。
【下へ続く】

子どもに英語を無理なく、楽しく習得させたい。そんな教材あります!

実際に教材を使われた先輩ママたちの体験談を紹介します。

いずみ書房の英語教材は、付録まで楽しい

1.自宅で手軽に始められる

赤ちゃんハイハイ
  • 今後の学習要項が大きく改訂され、小学校から英語が義務教育になる
  • 「学入試にTOEICの受験が必須で、その得点で受験できる学校が絞られる

など新聞に書いてあって、焦って子どもに知育教材を始めさせました。
子どもの将来の可能性を広げてあげるためにも、英語はきちんと勉強しておいたほうがいいと思ったので。

語学にはそれに対応するように脳が発達して、生まれて10ヶ月頃から急に母国語以外の他の言語適応能力は低下すると言われているんだということも知りました。
特に、日本語は100個程度しか音がないのに対して、英語は1000個以上もの音を操らなければならないようでした。
取り敢えず、自宅で手軽に始められるものをと思って、教材を選んでみたのです。

2.カードリーダーで繰り返しヒアリングできる

歌う子ども


英語に関しては早期教育がもっとも重要と聞いて、子どもが興味を持ちやすく、私も一緒に楽しく続けられる教材がいいなと思いました。
うちの子どもたちは音楽が好きで、その曲に合わせて歌ったり踊ったりします。

子どもたちの好奇心をそそるような、歌ったり楽しんだりできる教材がいいなと思って探しました。

そこで選んだのが、いずみ書房のトーキングリピーターDXです。
これは、カードをカードリーダーに差し込むと英語を発音してくれる機械です。

レベル別にカードが販売されていて、入門とステップアップの2種類、それぞれ200枚ずつあります。
困ったときやわからないときは、フリーダイヤルで担当のアドバイザーに相談すればすぐに対応してくれます。
機材やカードの保証もちゃんとしているので、やんちゃな子どもでも安心して使えました。

まずは1日5〜10枚程度、適当なカードを差し込んで一緒に発音することから始めました。
次第にお気に入りのものが定着してきて、子どもが自分でそのお気に入りを何度も何度も繰り返し聞いて、発音するようになりました。
また、おまけでついてきた英語のCDがとても気に入ったようで、毎日飽きずに聞いています。
最近では上手に歌って踊るようになりました。

3.コスパや情報管理、アフターまでが優秀

ym (12)
同じような教材で、ディズニーの英語システムやベネッセのワールドワイドキッズなどがありますが、私はいずみ書房にしてみてよかったなと思っています。
それはコストパフォーマンス、個人情報の管理徹底、アフターフォローすべてにおいて優れているなと感じるからです。
いずみ書房は、正直、あまり有名なメーカーではないかも知れませんが、知育教材で30年以上の歴史があるらしいのです。

先輩ママのプロフィール:茨城県在住・20代(専業主婦)0歳息子(10月生まれ)・2歳息子(3月生まれ)
(何事も一緒に楽しむことを大切にしています。)

World Familyで英語もリズム感も感性も養える

1.英語を母国語のように話せるようになる教材

子ども赤ちゃん (162)
World Familyの英語の教材が届いたのは、娘が生まれた11月の翌月です。
私も主人も英語が苦手で、子どもには英語が得意になってほしいなというような、最初はとても単純な動機でした。
この教材を使えば、これからは必ず必要となってくる英語を、無理なく耳に残るようにして、身に付けることができ、母国語のように話すことができる、というのがとても魅力的でした。
子どもには、学びとかじゃなく、自然と英語を知って欲しいという思いがありました。

2.一度に届く教材量に驚き

赤ちゃん子どもf-52
World Familyの教材は、一度に届く量が多いです。
使い方をきちんと理解していないと、届く量を見て戸惑うと思います。
会員になってさえいれば、サポートに問い合わせることもできます。

うちの子どもは、まだ英語を話しません。
2歳を過ぎましたが、これは娘の発達の問題かもしれないです。
普通に成長している元気な子は、この時期には単語を話すようです。

3.豊かな感性も育める

赤ちゃん子どもf-26
World Familyを始めてよかったのは、娘のリズム感や感性の面を伸ばしてくれているなと感じられるところです。
英語を喋れることを目標に、もちろん教材を購入しましたが、それだけが全てではないんだな、と思えます。

彼女が英語を話せると、きっと未来に学べることはもちろん増えます。

ですが、彼女が彼女という素敵な女性になっていく過程で英語が全てかと私なりに考えると、そうではないのかな、と思います。
色々な教材があります。
でも、私は娘に豊かな感性を育んでくれるWorld Familyが好きです。

先輩ママのプロフィール:岡山県・30歳(専業主婦)2歳娘・0歳息子
(ハンドメイドが好きで子どもたちの帽子やスタイを作ります。)

まとめ

自宅で手軽に始められる英語教材はたくさんありますが、全ての共通の目標は英語をリスニングでき、話せるようになることだと思います。
しかし、特徴もお値段も様々です。

子どもの性格や特性を見て教材を選んであげてください。

フラッシュカードがいいのか、DVDなのか、本なのか。
そして、親子で英語を楽しむこともいい経験になり、貴重な親子時間を持つことができると思います。

英語教材

ABOUTこの記事をかいた人

幼稚園教諭・保育士ライター 城田順子

私立幼稚園での幼稚園教諭・公立保育園で保育士として、勤務しています。仕事で子どもの世話をするプロではありますが、自分の子どもになると、仕事とは別ですね。悩みや衝突もないわけではありません。仕事とは違った、子育ての難しさがあります。幼児教育の現場からの声をコラムにしてお届けしたいと思っています。岡山県在住です。