賢い主婦に絶対的にお得!カウントフリーサービスのある格安スマホ(MVNO)!

節約したい女性
格安スマホは安いですが、やはり通信速度も遅いんですか?
節約している女性
格安スマホ会社(MVNO)が取り扱っている格安SIMサービス。大手キャリアの回線を使っていることも多いことから、通信速度や利用可能なエリアにほとんど遜色がないものが多いということはご存知でしょうか?
節約したい女性
どのくらい安くなるものなんですか?
節約している女性
大手携帯電話キャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)の通信プランと比較して、格安SIM・格安携帯は毎月の通信費用が大手携帯電話キャリアに比べて1/3~1/10の安さです。
そのため、近年高い注目を受けている通信サービスですが、初心者の方にはわからないことがたくさんありますよね。

知っておきたい格安スマホの基礎常識

節約したい女性
格安SIMというけれど、大手キャリアのSIMカードとどう違うのですか?
スマートフォンの中にはSIMカードというものが入っています。下の写真の金色の小さなカードのことです。

節約している女性
大手携帯電話キャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)と格安スマホのSIMカードは同じです。格安スマホ会社MVNOが扱っているSIMカードを格安SIM、そのスマホを格安スマホといいます。

格安スマホはガラケーと二台もつべきですか?

節約したい女性
今でも格安スマホとガラケーの2台持ちが主流なの?
かつては格安スマホはガラケーとの2台持ちやサブスマホとして利用されることの多いものでした。

節約している女性
格安スマホ会社でも定額通話オプションが増えてきたので使いやすいですよ!
最近では各格安スマホ会社(MVNO)が続々と定額通話オプションの取り扱いを始めています。そのため、メインのスマホとして格安スマホを選ぶ人が急激に増えてきています。
特に当サイトの中でも節約したい方に人気な会社は次の5社です。




格安スマホの基本使用料は通信量・通話の有無などで決まります。大手携帯電話キャリアのプランと比較すると、格安スマホは基本料金を安く抑えられることもあり、利用可能な毎月の高速データ通信量が少ないこともあります。

節約したい女性
格安スマホでは大手のスマホのような高速のインターネットがあまりできないんですか?
節約している女性
通信容量を増やせばできます。ただしその分基本料は上がってしまいます。

もちろん大容量の高速データ通信が可能なプランを選択できないわけではありません。その分基本使用料が上がってしまい、節約効果が薄くなってしまいます。

カウントフリーサービスとは

節約したい女性
少ない容量プランを契約していれば節約効果があるのでしょうか?
節約している女性
少ない容量のプランを契約して、すぐに通信速度が規制されてしまうとスマホの使い勝手が悪くなってしまいます。

安いプランでも快適な高速通信を使えるのが、カウントフリーのサービスプランです。

通常、高速データ通信を行った場合には、通信量や通信時間に応じてパケット通信量が消費されます。しかし、特定のアプリでデータ通信を行った場合には、通信量をカウントされないサービスです。
消費した分のパケット通信量が消費したことにならないサービスをカウントフリーのサービスといいます。

カウントフリーのサービスはどれだけ通信をしても、契約している分の高速データ通信量にカウントされないので、絶対的にお得なサービスと言っても過言ではありません。

体的な例を挙げると、2016年の秋にDTI SIMがポケモンGOの通信量が1年間カウントフリーになるサービスを提供することを予告しています。この他に現在提供されているカウントフリーのサービスにはどのようなものがあるのでしょうか。

カウントフリーサービスを提供しているMVNO


現在カウントフリーのサービスの提供を行っている代表的なMVNOは、OCNモバイルONEとFREETELSIMになります。それぞれのMVNOのサービス内容について紹介と比較を行っていきます。

OCNモバイルONE


OCNモバイルONEでは、NTTの関連会社です。NTTコミュニケーションズが配信している050plusというIP電話やマイポケットというオンラインストレージサービスを行っています。OCNモバイルONEアプリ等のサービスで発生する通信量がカウントフリーとなっています。

通話料削減のために050plusを導入している人であれば、通信料を気にせずに電話ができますし、大容量のデータをマイポケットに送受信しても通信量がカウントされないので、ビジネス面でもプライベート面でも相当の恩恵が受けられると言っても過言ではないでしょう。

FREETELSIM

FREETELSIMでは、メッセンジャーアプリでのメッセージのやり取りにかかる通信量やApp Storeからアプリをダウンロードする際に発生する通信量がカウントフリーとなっています。

カウントフリーの対象となっているアプリはLINE、WhatsApp、WeChatというアプリでいずれもテキストメッセージと画像のやり取りがカウントフリーになるのに加えて、LINEはスタンプのやり取り、WhatsAppとWeChatは絵文字のやり取りもカウントフリーとなっています。
さらにFREETELSIM for iPhoneならばApp Storeからアプリをダウンロードする際の通信料もカウントフリーとなっています。

カウントフリーサービスを利用するデメリットも考えてみましょう

ただし、大手キャリアと同程度の通信量(5~7ギガ)、それ以下の通信量(1~3ギガ)であれば、フリーカウントのサービスを使わない格安スマホ会社の方が安く基本料を抑えられるでしょう。
基本料が安い格安スマホ会社をご紹介していますので、参考にしてください。