運動不足で寝ない子供!雨が続く日のお金をかけないお家遊び5選

洗濯物が乾かない、お買い物の荷物が濡れるなど、大人にとっても雨の日は憂鬱なものです。
お散歩や公園などお外遊び大好きな子どもにとっても雨の日は退屈ですよね。
さらに、イヤイヤ期の2歳児だと、我慢させるのも一苦労です。

ママも子どもも、お家で楽しめる遊びはないものでしょうか。

【下へ続く】

運動不足になりがちな、雨の日はどう過ごしていますか?

運動不足だと夜なかなか寝てくれなかったりと苦労が増える雨の日々。
身体を動かす遊びを中心に、雨の日の過ごし方を見直してみませんか?

雨の日のおうち遊び5選

遊ぶ子供

1.タオル綱引き

タオルや手拭いの端を、ママと子どもがそれぞれ持って綱引きで勝負です。
ママは座って、子どもと高さを合わせてあげると良いですね。
くい、くいっと引っ張って、子どもが引っ張り返したら、今度は強く引っ張ってみたりと楽しんで下さいね。

2.ぬいぐるみタワー

ぬいぐるみが大好きで、たくさん持っている女の子も多いのではないでしょうか?
そんなぬいぐるみたちを集めて、ぬいぐるみで積み木遊びをおすすめします。
大きなぬいぐるみがあれば巨大タワーの建設も可能です。

児童館などで見かける、大型の柔らかい積み木がほしいなーと思ったことありませんか?

ぬいぐるみなら、見栄えもかわいく、女の子好みに仕上がります。

崩すときはちょっとかわいそうですが、つい夢中になれる遊びです。

3.大きな折り紙

おうちで過ごす日は、創作活動も良いですね。
カレンダーやチラシ、大きな紙を用意して正方形に切って下さい。
その紙で、折り紙のかぶとを折ってあげましょう。
かぶれる大きさのかぶとが折れたら、今度は女の子仕様にアレンジしていきます。

  • 子どもが好きな色で塗る
  • 広告からかわいい絵や写真を選び貼る
  • リボンなどをセロテープで貼る

子どもが自分でできるところは、自由に工作させてあげて下さいね。
ぬいぐるみに被せるかぶとなど、かわいいかぶとをいくつか作って、帽子やさんごっこも楽しいですね。
こどもの日の工作にもおすすめしたい遊びです。

4.踊る

好きな音楽を用意して、とにかく踊って遊びます。
いつも聴いている子どもの曲や童謡もいいけれど、ここはあえて、ママのお気に入りの音楽を。
出産前や結婚前に聴いていた、好きな曲を用意して下さいね。
子どもは、いつもと違う音楽にびっくりするかもしれませんが、案外、気に入ってくれるかもしれません。
踊りながら、歌も一緒に歌って下さいね。
リズムにあわせて身体を動かしましょう。
ドタバタと動いて、周囲への騒音が気になるなら、手を振り回したり手拍子も良いですね。

楽しみながら汗を流せば、夜もぐっすりと寝てくれますね。

5.しずく観察

窓ガラスについたしずくに注目してみませんか?
すっと動いてくっついたり、まあるく光っていたり。
じっと見ていると、意外と見飽きないものです。
身体をつかった遊びのあとは雨を楽しむ活動もおすすめです。

先輩ママの体験談

雨の日は子どもが夜寝てくれなくて気分が塞ぎます。
ぐっすり寝てくれるには、運動が効果的ですが室内では無理です。
そこで、あまりドタバタしないで遊べるものを考えて実践してみました。
身体をちょっとでも動かすと、気分もすっきりしてくるものです。
親子で運動不足も解消し、雨の日もすっきり過ごせるようになりました。
(ははさん・40代・東京都)

まとめ

雨の日が続くと、お外遊びができなくて運動不足になりがちです。
すると夜眠れなくなったり、体力が余りイライラすることも増えてきます。

そんなとき、ママとおうちで身体を動かせば、心も身体もほぐれます。

音楽や創作も取り入れつつ、動きのある遊びを楽しみましょう。
雨の日も楽しく過ごせば、2歳児のイヤイヤも、自然と減ってきますね。

関連の記事

お家遊びがマンネリ化!梅雨でもおすすめ2歳半の子どもが喜ぶ遊び4選
2歳半お家遊び

ABOUTこの記事をかいた人

保育士ライター 太田清美

保育士として長年幼児教育に携わってきた北関東在住のライターです。3人の子どもも中高生となり、保育園で接する子どもたちが、より可愛らしくて仕方ありません。 仕事柄、仕事を持つママ・パパと接する機会がたくさんあります。仕事で疲れた顔をしていても一生懸命な姿を見ると、「そんなに無理しなくても子どもはちゃんとわかっているよ~」と声をかけるようにしています。「こうしなければ!」という義務感で苦しまず、のんびりと子育てしたいですね!