雨でストレスが溜まる!?2歳児がやみつきになるお家遊び4選

公園やお散歩など、お外遊びが好きな子もお天気が悪い日には、おうち遊びを楽しみましょう!
2歳頃になると、自我の芽生え、イヤイヤ期の始まりと、心の成長が活発になるときです。

おうち遊びで子どもの豊かな感性を育てましょう。

【下へ続く】

おうち遊びで子どもの感性を育てよう!

今回は、2歳頃の子どもにおすすめの「おうち遊び」を紹介します。

1.ちぎり絵に挑戦!

女子ども18
用意するもの:紙(画用紙、おりがみなど)、のり

子どもは紙を破いたり、いたずらが大好きですよね。
そんないたずらを遊びに活かしてみませんか?

画用紙に、ちぎった紙を貼りつけていくだけの簡単な遊びです。
おりがみなど、カラフルな紙があると、より楽しいですよね。

ハサミを使わないので、小さなお子さまでも安心して楽しめます。
お花や動物など、テーマを決めてつくりましょう!
丸くちぎったり、細かくちぎったり、くれよんで書き足したり…。
自由な発想で楽しんで下さいね。

2.小麦粉粘土で遊ぼう!

粘土遊び
用意するもの:小麦粉、水、サラダ油

家にある材料で簡単に作れる小麦粉粘土は、おうち遊びに最適です。
作り方はとっても簡単!子どもと一緒に作りましょう。

  1. ボールに小麦粉を入れ、少しずつ水を入れます。
  2. サラダ油を少々足します。(なめらかになります。なくても大丈夫です。)
  3. 手でコネコネ混ぜましょう。
  4. 遊びやすい固さになったら完成です!
  • 日持ちさせたい場合

    …塩を少々足しましょう。(ビニール袋に入れ、冷蔵保存で2、3日)

  • 色をつけたい場合
  • …混ぜる前に、着色料、ココア、抹茶粉末などを足しましょう。
    ※絵の具を足すと綺麗な色がつきますが、口に入れる心配がある場合はやめたほうがいいかもしれません。

小麦粉でできているので、万が一、口に入れてしまっても安心ですね。
ママも子どもも思いきり楽しめます。

3.レジ袋風船で遊ぼう!

ボール遊び
用意するもの:レジ袋、ペン、新聞紙、うちわ
  1. まずは、レジ袋に自由にお絵かきしましょう!
  2. 新聞紙をビリビリと自由に破き、そのレジ袋の中に入れます。
  3. 「ふぅー」と空気も一緒に入れて、持ち手を縛れば、風船のできあがりです。

そのままポーンと投げても楽しいレジ袋風船ですが、うちわがあれば、更に一工夫した遊び方をしましょう!

  • うちわであおぎ、レジ袋風船を飛ばして遊ぶ
  • うちわをラケット代わりにして、レジ袋風船でバトミントン!

レジ袋は、触るだけでシャカシャカと音がして楽しいですよね。
割れる心配もなく、しぼんできたら空気を入れれば何度でも楽しめる嬉しいおもちゃです。

4.手づくりパズルに挑戦!

パズル
用意するもの:ダンボール、カッター、ペン

オリジナルのパズルを作って遊びましょう!

まずはダンボールに自由にお絵かきしましょう。
子どもに描いてもらっても楽しいし、
ママが、子どもが好きなイラストを描いても良いですね。

イラストが完成したら、カッターでカットすればできあがりです。
カッターは必ずママが使用し、子どもが手を出さないように注意して下さいね。
イラストの大きさにもよりますが、5~10ピースくらいあれば楽しめます。

おわりに

2歳頃になると、手先が器用になり、細かい作業もできるようになってきますよね。

手先を使う遊びを取り入れて、脳の活性化につなげてあげたいですね。

ABOUTこの記事をかいた人

小川まい

富士山の麓に住む、20代後半、2人姉妹のママをしているライターです。 自然に囲まれた地域で、四季折々の自然遊びを楽しみながらのびのびと子育てを楽しんでいます。 パソコン教室の講師をしていた経験を活かし、人の役に立つ記事づくりを目指しています。 現在は、下の子のイヤイヤ期に振り回される毎日。 子育て奮闘中のみなさん、一緒に頑張りましょう!