3歳・4歳が幼稚園で上手く集団生活できるか心配?ママの気をつけたいこと・グループとの付き合い方

執筆者:pro崎山さん崎山祐子

幼稚園男児のグループ化とママの対処方法

info3552幼稚園児のグループ化


多くの子どもが幼稚園で初めて、親元から離れて社会生活を体験します。
親として心配なのは、集団のなかで楽しんで過ごせるかどうかですね。

派閥とまではいかなくても仲良しグループやグループ内の力関係で悩む子も出てきます。
ママは心配ですね。
まず、どんなグループができるのかその特徴をお教えします。
次に子どもの自主性も尊重しながら、どのように対処すればよいのかもご紹介しますね。

幼稚園でできるグループはどんなもの?

太田さん_バストアップ 右配置
3歳までは集団で遊んでいるように見えても、じつは一人遊びをしていることが多いです。
このころの遊びは並行遊びといいます。
それぞれが自分の世界を持って遊び、あまり他の子と遊びを共有することはありません。

そのため、お友達のおもちゃをとってしまうということも頻発します。
3歳児になると少しずつ集団を意識して、一緒に遊ぶ楽しさを覚えてくるんですね。
まずは、実際にどんな特徴があるグループができるのかをご紹介します。
(アドバイザー:保育士ライター 太田)


1.好き嫌いで分かれるようにもなります

akko_室内 (17)
小さい子どもでも好きなお友達と合わないお友達を感じ取っています。
子どもなりに幼稚園で居心地の良い居場所を見つけていくようになるんですね。

先輩ママの体験談:派閥はないが好き嫌いがでる

akko_室内 (28)保育園でも幼稚園でも、特に派閥とかはありません。
好きなお友達と嫌いなお友達の名前を聞いたら教えてくれるので、少しずつ好き嫌いは出てきたみたいです。
息子は早生まれなので周りについていくタイプで、力関係でぶつかることは今のところないです。
(ケンケンママ37歳・3歳息子・1歳息子)


icon-check013歳・4歳・5歳が幼稚園に行きたがらない!理由と行く気にさせるおすすめな方法


2.仲良しグループができます

akko_室内 (13)
幼稚園の中で遊びがグループ形成にかかわることも多いものです。
年齢が低いうちは繰り返すことが面白いのです。
同じ遊びを毎日続けても飽きない子どもも多いですよね。
好きな遊びが一緒で、幼稚園で毎日同じ遊びを続けているうちにグループができるということももちろん自然です。

先輩ママの体験談:派閥はなく仲良しグループです

akko_室内 (31)2歳ごろからグループまではいきませんが、仲良しのお友達はできます。
派閥まではありません。
力関係も特にありません。
力関係は特に今現在子どもにはありませんので、他の幼稚園で実際にある内容についてお話しします。

ママのお洒落度合やお金持ちの派閥などがあります。
力関係でいうと、お洒落であるかないか、お金持ちかお金持ちじゃないかということでした。
お金をかけなくてもお洒落はできると思います。
(りょうちんママ34歳・3歳息子・1歳娘・兵庫県在住)

先輩ママの体験談:派閥というより仲良しグループ

akko_室内 (15)幼稚園生とは言えやはり男の子という印象は強いです。
派閥と言えるほど幼稚園生の間で私が見た限りはっきりしたものはなかったように思いますが、クラスの中でも仲良しグループができるのは入園して間もなくからありました。
大きく分けると2つで、戦いごっこやお外遊びが好きな活発な男の子グループと、内気でお外より教室でブロックなどを使って遊ぶ方が好きな子どもかなと思います。
活発なグループの中でも性格が似たもの同士で特に仲良くなる子どもたちもいれば、ガキ大将タイプの子どもとおとなしいタイプの子どもが仲良かったりとやはり様々です。
未就学児から幼稚園でのプレ保育に来ていた子どもたちは、やはり慣れるのも早く、入園時にはお友達がいる状態です。

子ども心に不安要素が少ないことやママ同士も仲良しな場合が多く、迎えの時に校庭で遊んでる子どもたちを見ながらママ同士がお話をされているケースが多いような気がします。
子どもたちもママ同士が仲良しだと安心したり、お家での過ごし方や習い事などの情報交換も多いのでさらに仲良しになれるのかなと思います。
個人的には子どもたちのグループができるとママ同士のグループもできるように感じます。
(ひよっこmama28歳・6歳息子・2歳娘・東京都在住)

icon-check01幼稚園で子供同士のトラブルがあったらどうする?ママの対応と考え方4選


3.幼稚園児同士でも力関係が生じる場合もあります

  • 元気いっぱい子どもたちとおとなしい温和な子どもたちのグループ
  • 強い子どもたちと逆らえない子どものグループ

など、似た者同士もしくは力関係ができている集まりになることも多いようです。

先輩ママの体験談:元気チームと温和チームに分かれる

akko_食事 (10)5歳ぐらいから元気いっぱいタイプのグループと、温和でおとなしいタイプのグループで大まかに分かれていました。
それでもグループ外でも行き来があり固定されたグループという印象ではありませんでした。
言葉の発達は個人差があり、また生まれ月によっては1歳近く歳の差がある場合もあるので成長にも差があります。
そんな中でも同じ1学年として生活していくので、どうしても力関係は生じてしまいます。
言葉でうまく伝えられずつい手が出てしまうということが多発する時期だと思います。
(さくらもち37歳・7歳息子・5歳娘・大阪府在住)

先輩ママの体験談:力や気が強い子どもと弱い子どもに分かれる

KNSL_外 (1)4歳くらいからありました。
力が強いというか気が強い性格の子どもはブロックの欲しいパーツを独り占め、もしくは弱い子どもから取り上げていました。
うちの子どもはブロックを取り上げられる方だったので、ずっと悩みました。
解決策はなく未だに嫌な思い出です。
今は幼稚園は小さな社会の縮図として勉強になったと思うようにしています。
我が子は虐められる側の気持ちに寄り添える子どもになっています。
(ゆかりママ40代・10歳息子・5歳娘・岡山県在住)

先輩ママの体験談:性格などでお友達が固定される

KNSL_遊び (3)1学年1クラスしかない幼稚園で男女比もほぼ半々です。
派閥というものとは皆無でみんな仲良しなのですが、やはり子どもの性格によっていつも一緒にいるお友達が固定されてくることはあります。
やはり、第一子か第二子以降かというのは大きく関わってくると思います。
我が子は第一子でさらに早生まれなので引っ張っていってもらう側なのですが、第二子以降のお友達の方が知恵があります。
親戚が年上ばかりだったりするとこればかりではありませんが・・・。
ただ、これも年長ぐらいになると差がだんだんと縮まってきます。
(はつまる30歳・6歳息子・2歳娘・東京都在住)

icon-check01幼稚園で子どもが意地悪されて泣いた時は怒るべき?ママの対応と考え方3選


注意したいのは力関係ができてしまっているグループです

不本意にも力でモノを言わせる子を中心としたグループに属しているとしたら。
あなたならどうしますか?
実際ママはどう対処したら良いのでしょうか。

1.親が介入する?しない?

自分の意思や気持ちを言える子どももいますが、なかなか言えない子どももいますね。
自分の子どもが嫌だということを言えない、伝えることできない場合はママは歯がゆく感じると思います。
助け舟を出すのが良いのか、我慢して見守るのが良いのか悩みますね。

おすすめの方法

子どもがどうして欲しいのかを見極めて行動してみてはいかがでしょうか。
幼いうちは嫌だということをうまく言葉にできない子が多いものです。
子どもがママに助けてほしいと言ってきたら、付き添って気持ちを伝える方法を教えてあげてくださいね。

子どもに起こるトラブルや小競り合いのすべてに、当然ながらママが全て関わることはできません。
自分で嫌だという力や方法を身に付けてもらわなくてはなりませんね。
子どもが泣かさせる、悔しい思いをしているときが学習のチャンスだと思ってください。
悔しい思いを次回はしないように嫌という気持ちを相手に伝えようと優しく教えてあげてくださいね。

icon-check013歳児・4歳児が幼稚園で友達ができる秘訣はコレ!馴染む対策4選


先輩ママの体験談:助け舟は出すべき?

KNSL_遊び (4)年中組の今現在では仲良しグループはできていますが敵対するような派閥はないようです。
グループもまだそこまで確立していないようで、日替わりで遊ぶメンバーが変わることもあります。
多少の力関係は個々であるので、息子はNOと言えずおもちゃを持って行かれたりすることはよくあります。
言いたいことを言えていない息子を目の当たりにしたときに助け舟を出すべきかどうか悩むことがあります。
(ちーちーちゃんママ37歳・5歳息子・0歳娘・広島県在住)

先輩ママの体験談:小学校を見越して付き合うように仕向けた

KNSL_おでかけ秋 (3)5歳頃から好きな遊びが似たような子ども、ママ同士が仲が良くて降園後によく遊ぶ子どものグループができました。
グループ内に力関係はほとんど無かったようです。
一部力ずくで思い通りにしようとする子どもはいました。
家が近くてもウマが合わない子どもとは疎遠になるようで、子ども同士居心地のいいお友達と一緒にいるようになりました。
同じグループの中に一緒に小学校がいる子どもが居なかったので別グループの同じ小学校へ行く子どもと遊ばせたりもしてみましたが結果は同じ…。
力で思い通りにしようとする子どもから何かされた話を聞くと歯がゆい思いもしました。
子どもが自分でそんな場合にどうしたらいいか考える機会だと思うようにしました。
勉強させてもらっているのだと、どうしたら良いかな?とその時その時で子どもと一緒に考えました。
(ゆうすずみ34歳・9歳息子・4歳息子・岡山県在住)

2.ママが調整をしてあげる

幼稚園は自分の意見を主張できる子どもが中心になりがちです。
特に年齢が低いほど傾向がみられます。
発言しない子どもはいつも損ばかりしていると思うママも多いことでしょう。
歯がゆいですね。

おすすめの方法

たまには子どもが遊んでいる輪に入って、一緒に遊びながら

  • そんな意地悪言っちゃうの?
  • 〇〇くんは、何がしたい?
  • じゃんけんで決めよう

など、ルールを教えてあげてください。
自分の意見ばかり通す子どもは何となく後ろめたい気持ちも持ち合わせているので、大人が介入することによって気付きを教えることができます。
そして、いつも意地悪されている子どもはこう言えばうまくいくんだ、僕も言ってみようとこれも気付きを教えてあげることができますよ。

icon-check01幼稚園のママ同士の付き合いで大変だったこと5選!付き合い方で気をつけたいこと


先輩ママの体験談:親が調整する必要もある

20151229_KNSL_t03仲良しグループは確かにありました。
お迎えのバス停が一緒だったり、親が仲良しだったりなど、だいたい年中くらいから遊ぶメンバーは固定になってきました。
自己主張できる子どもとそうでない子どもがいるので、言いなりになってしまう子どもが出てしまうのだと思います。
自己主張の強い子どもの意見ばかりが通り続けることで関係性が確立してきてしまうのだと思います。
時には大人がそれとなく入って関係性を調整してあげるのもひとつの方法だと思います。
自己主張が苦手な子どもにも発言のチャンスを与えるべきだと思います。
(とわちゃんママ28歳・6歳息子・静岡県在住)

3.自衛手段をとることを教える

相手に上手く自分の気持ちを伝えられない年頃です。
お友達から意地悪をされて、これ以上子どもが悲しい思いや悔しい思いをしてほしくないと思うのが親心です。
けんかにもならないような、一方的にお友達から言われるだけの状況が起こることもあります。
そんな時は、意地悪をするお友達のそばから離れることを教えてあげても良いですね。

おすすめの方法

意地悪をするお友達が近づいてきたら取り敢えずその場から立ち去る、単純なことですが十分自衛になります。
徐々に慣れてお友達の対応を見て

  • こんなふうに言えばいいんだ
  • 嫌だって言ってもいいんだ
  • 困ったから先生に言おう

など対応ができるようになっていきますから、安心してくださいね。

icon-check01入園前に教えてあげたい!アンケートでわかった4歳になる前にしたい6つのこと


先輩ママの体験談:意地悪をするお友達から離れる

akko_おでかけ (10)グループがなんとなくできるのは、年中さんくらいからでした。
子ども自身が、似たようなお友達を探し一緒に遊びだすのもその頃からでした。
手が出るお友達や口が達者なお友達は言うことを聞く子どもと遊びます。
意地悪をするお友達とは、嫌なら離れなさいと伝えました。
(まやとる39歳・9歳息子・4歳息子・千葉県在住)


まとめ

小さいながらもグループや派閥、力関係が生じているのですね。
我が子は一人っ子の男の子です。
基本的に家では自分の意見が通ります。
意地悪する兄弟もいませんので、けんかの仕方も知らない、意地悪されてもどうしてそんなことを言うんだろうと驚いた顔をしてお友達を見ていることが多かったです。
歯がゆい気持ちで我が子を見ていました。

年長ぐらいの時だったと思います。
意地悪をされて初めて自分の口からやめて嫌だと言っているのを見て、心の中で拍手したことを思い出しました。
いいよという言葉は言いやすくても、嫌だという言葉を口にするのが苦手な子どももいることに気が付きました。

いつも意地悪される我が子を見ていて辛くなるママも多いでしょう。
アドバイスを参考にいろいろと試してみてください。
ひとつ試してだめであれば次も試してみてくださいね。
直ぐに効果を期待せず、徐々に変わっていきますから辛いですが見守ってあげてください。
大丈夫ですよ、必ず笑い話になる日がきますよ。

icon-check01幼稚園児のお弁当で完食する工夫4選!子どもが食べやすいポイントを教えます


ABOUTこの記事をかいた人

元図書館司書ライター 崎山祐子

小学校高学年の男の子の母親として主に育児系媒体で執筆している"お母さんライター"です。図書館司書の資格を大学で取得し、図書館での勤務経験もあります。子育ては、親育てともいい、私自身も今でも子どもからいろいろ教わる日々です。子育ては悩みの連続で、これでいいのかと不安もたくさんですよね。でも、みんなそうなんです。このサイトで子育てのヒントを見つけてくださいね。兵庫県在住/趣味はピラティスと家族の影響でゴルフと言いたいのですが、ゴルフはまだまだ初心者。でもいつかは…。/特技は料理(でも居酒屋料理専門です)ハンドメイドに凝っていて、オーダーをもらって商品を作っています。