3歳・4歳・5歳の女の子の服へのこだわりが強すぎる!困った時におすすめな方法4選

執筆者:久保りさ

小さくてもおしゃれさん!好きな服しか着てくれない女の子、どう接すればいいの?

赤ちゃんの頃はママが選んだものをおとなしく着てくれていたのに・・・。
成長とともに身に付けるものの好みがはっきりしてきて、

強いこだわりを見せるお子さんは少なくありません。

希望通りにしてあげたくても、いつも同じ服、というわけにはいきませんね。
スムーズに着替えをしてもらうためには、お子さん自身が身に付けるものに対して納得していることが大切
おすすめの対応方法をご紹介します。

1.理由を説明するとわかってくれる場合も!

20151226_KNSL_t01
お出かけや通園時の服装には守るべきルールやTPOがあるので、ママが選んだものを着てくれないと困ってしまいますよね。
自分の好みがはっきりしてきたということは、成長の証でもあります。

おすすめの対処法:
きっとママの言葉も、これまで以上にきちんと理解できるようになっているはず。
お子さんとしっかり向き合って、なぜいけないのか、理由を説明してみてください。
「ママもとってもかわいいと思うけれど・・・」と一言添えると良いかもしれません。
さらに「おうちでならOK」「公園に行くときはOK」など、「着ても良い時」も伝えてあげると納得しやすくなります。

先輩ママの体験談:天候を理由にするとわかってくれた

KNSL_室内(5)

2歳半から、自分が着たい服以外は嫌がって着ないようになり始め、3歳の頃には水色ブームが到来し、全身水色の服ばかりでした。
どうしても水色の服が着たいようだったので、家の中では特に気にせず着せてました。
お出掛けの時は暑いから、寒いからと天候を理由にすると違う服に取り替えてくれました。
(わーまま26歳・4歳娘・宮城県在住)

先輩ママの体験談:禁止するだけでなく、いつなら着ても良いかを説明

KNSL_食事(5)2歳4カ月あたりから「おしゃれする」と言って、洋服を選ぶようになりました。
系統としてフリルがついたものが好みのようです。
夏場は黒のドット柄のノースリーブのワンピースばかり着ていました。
現在は(2歳10カ月)「ピンクピンク」と言ってピンク系がお気に入りのようです。
保育園では禁止のフード付きの洋服を好んでいて、もちろん保育園にも着て行きたがります。
今は、「保育園には来ていけないから」と話をして、「寝るときに着ていいよ。うちに帰ってきたら着ていいからね」と促しています。
どうしても同じ服ばかり着たがり、なかなかバランス良く着てくれないですが、あまり否定せず、自分の好みが出てきた証拠で成長だなと捉えるようにしてます。
少しずつ好きな洋服が増えるといいなと思っています。
(とっこ42歳・2歳娘・1歳娘・鹿児島県在住)

先輩ママの体験談:ママの考えをきちんと伝えて

KNSL_外 (6)うちの娘はちょうど幼稚園に入った4歳頃から服へのこだわりが出てきました。
フリフリのスカートだったり、Tシャツの裾がフリフリになっているものなどを好んで着ていました。
なにかしらプライドというものもあったらしく、たまたま幼稚園に着て行った服がお友達とかぶっていたようで「この服は好きだけど幼稚園に着て行くと〇〇ちゃんと一緒になっちゃうからもう着ていかない」と言っていました。
小さいながらも女子なんだなぁと思ったことをよく覚えています。
そのかぶってしまった服は土日に着るように勧めました。
娘なりにあまり気に入ってない服などは「順番に持っている服を着ないと好きな服ばっかり汚れてすぐに着れなくなるよ?洋服にも順番があるから今日はこのTシャツにしようか」と諭して着てもらっていました。
(いっちゃん30歳・6歳娘・3歳息子・滋賀県在住)

2.子ども自身に選ばせると納得感がアップします

20151226_ayatama_t02
ある程度の年齢になると、自分で洋服を選びたがるお子さんも多いのではないでしょうか。
毎回、子ども自身にゆっくり選んでもらえれば良いのですが、時間のないときもありますよね。

おすすめの対処法:
そんな時は、ママが2~3種類のコーディネイトをつくり、その中から選んでもらうのがおすすめ。
自分で選ばせるより時間もかかりませんし、お子さんの気持ちも満足させることができます。
制服など選択の余地が少ない場合も、下着、靴下、ハンカチ、ヘアゴムなどを選ばせてあげましょう。
カゴなどにまとめておいて、「この中から選んでね」と渡すとスムーズです。

先輩ママの体験談:いくつか候補を出して選んでもらっています

KNSL_公園 (3)2歳2カ月の娘を育ててますが2歳になる少し前から服を自分で選びたがりました。
私が用意した服では嫌がり、自分でタンスから服を出してきたり、雨の日でもないのに長靴を履きたがったりしました。
今ではコートも自分で選び私が選ぶとイヤ!と泣きわめきます。
(対応策として)いくつか服を私が用意して選ばせています。
そうすると娘は自分で選んだ気分になるし変な格好にはならないので今でも服もくつもコートもその作戦で選ばせて着せてます。
(あいまま26歳・2歳娘・妊娠8カ月・大阪府在住)

先輩ママの体験談:できるだけ希望に合う洋服をママが提案

akko_おでかけ (15)2歳頃から、洋服を自分で選ぶようになりました。
保育所に行かせている為男の子のおさがりなども着せていましたが、男の子っぽい服装を嫌うようになり、ピンク・リボン・スカッツ(保育所ではスカートNGの為)・プリキュア・ディズニープリンセスの洋服ばかり選んでいました。
洗濯して干している服(乾いていない)を着たがる事もありましたが、出来るだけ希望に合う別の服を見せ、「可愛い~!素敵!とっても似合う!」などと褒めちぎり、その気にさせて着せていました。
ちゃんと着た後にも、「ほら、可愛い♪似合ってるよ」などと褒めまくりました。
(なかなかリーク31歳・4歳娘・1歳息子・福岡県在住)

先輩ママの体験談:ママ友の声は気にしない、子どもが納得していることが大切

akko_公園 (4)年少さんのころから、ピンクや、フリフリした洋服を選ぶようになりました。
後、果物の柄がすきみたいで、いちごや、さくらんぼなど赤い果物を選びます。
ギャル系の服を着ている子供が多く、果物なんてダサいとか言われたりしましたが、子供が洋服選ぶから。と言っていました。
(ブルーベリーママ34歳・5歳娘・秋田県在住)

3.ワードローブを好きな洋服で揃える

特定の色や柄にこだわりのあるお子さんの場合、好みの洋服のみで揃えてしまう方法もあります。
時間のないときも子どもと衝突することなくサッと着せられるので、通園服などに有効です。

おすすめの対処法:
特に気に入ったものがあれば、同じ洋服を2~3枚用意しておいても良いかもしれません。
とはいえ、新しく買い揃えるのはなかなか難しいもの。
既に持っている洋服には、好きなモチーフのワッペンをつけると喜んで着てくれるようになることがあります。
大きめの手芸店にはいろいろな種類が揃っているので、お子さんと一緒に選んでみてはいかがでしょうか。

先輩ママの体験談:好みの洋服しか持っていなければ、組み合わせも自由

KMSL_おでかけ (10)小学校に入学したあたりから好みがはっきりしてきました。
花柄は好まず、地味めな洋服を好みます。
地味な中にも自分の気に入った柄が描かれていたり、ドットやチェックなど当たり障りない柄を好むようになりました。
洋服を購入する際、子供の好みが反映されたものしか買わないようになりました。
その日に着る服は私が毎日決めていましたが、そもそも好みの服しか持っていないので出されたものをはどんな組み合わせでも着てくれました。
(あやママ43歳・10歳娘・東京都在住)

4.とにかく褒める

20151226_ayatama_t01
いろいろと試してもなかなか上手くいかないときは、褒めることが効果的です。
鏡の前に立たせて、大げさなくらいに褒めてあげましょう。

おすすめの対処法:
お子さんによって「喜ぶ褒め言葉」が違うと思います。
「かわいいね」「かっこいいね」「ママとおそろいだね」「おねえさんみたい」等々、いろいろな言葉をかけてみてください。
好きなキャラクターを例に出して、「○○みたいだね」と褒めるのも良いですね。
保育園の先生など、ママ以外の第三者に褒められると素直に着てくれることも多いようです。

先輩ママの体験談:保育園の先生に褒めてもらう作戦で!

KNSL_外 (3)3歳前後からです。
保育園で服を褒められるとその服しか着たがらなくなったり、周りのお友達が褒められていたら、自分もその服が欲しいと言い出しました。
「先生にこのお洋服も見てもらおうよ。きっとかわいいって言ってくれると思うけどなあ~」と保育園の先生に褒めてもらう作戦にしました。
(こうまま37歳・6歳息子・4歳娘・石川県在住)

先輩ママの体験談:寝ている間にこっそり着せて、たくさん褒めました

KMSL_室内 (11)うちの子はお店に行って、試着してからでないと納得しない子です。
例えば、友人から靴などを頂いでも自分で買ってないので、自分の物という意識がなくて着たがらないです。
寝ている間にすかさず着させ、起きたときに鏡を見せすごく可愛いよ~と褒めます。
そうすると、笑顔で気にいってくれます。
(ららちゃんママ・1歳娘・秋田県在住)

先輩ママの体験談:大げさに褒めるのがコツです

KMSL_おでかけ (4)3歳ぐらいから、フリフリの服やスカートを好むようになり、毎日上下フリフリの服を着ていました。
3歳半ぐらいからは、キャラクターものの服を好んで着ていました。
(対応策として)上がそれ(フリフリ)なら下はこっちの方が可愛いんじゃない?と言ったり、これの方が可愛いよーと、勧めたい服を大袈裟に可愛いと言ってみます。
(あゆうせいママ31歳・4歳娘・2歳息子・福島県在住)

まとめ

女の子が生まれたら、かわいい洋服を着せてあげたい!と考えていた方も多いのではないでしょうか?
洋服の好みがはっきりしてくる時期は個人差がありますが、2~3歳ごろが多いようです。
ママが選んだ洋服を着てくれなくなり、残念に思う方もいるかもしれません。

自分の好みがありそれを主張できるということは、成長の大きなステップでもあります。
子どもの感性が育っていると捉え、受け入れてあげたいですね。
しかし、忙しいときになかなか着替えをしてくれずにイライラする気持ち、よくわかります。
ママも子どもも笑顔で過ごせるように、ご紹介した方法をぜひ試してみて下さいね。

関連の記事

思いやりのある子に育ってほしい!5歳の女の子に読んでよかった絵本13選
思いやりのある子に育ってほしい!5歳の女の子に読んでよかった絵本13選
ごっこ遊びに大活躍!フェルトで手作りしたケーキとティーセットに子供が大興奮
みんな大好きファミレスメニュー_ママが作るフェルトおもちゃの会