1歳児の知育にピッタリな絵本!子どもの好奇心を伸ばすおすすめの5選

1歳児絵本知育

1歳の知育にはどんなことをしてあげたらいいのだろうと思っていませんか?
知育にも、親子の絆を育むにも絵本の読み聞かせがおすすめです。
たっちや一人歩きなど、身体の成長と共に、心の成長が始まる大切な時期です。
絵本の読み聞かせを習慣にして、好奇心を育てたいですね。
【下へ続く】

1歳児の読み聞かせにはどんな絵本を選べばいい?

1歳は「わんわん」「ブーブ」など、簡単な単語を話し、身の回りのことに興味を示す時期です。
食べ物や乗り物、動物など、馴染みのあるものを題材にした絵本だと興味を持ちやすいですね。

その子の好きなものを選び、絵本の楽しさを伝えてあげませんか?

また、触り心地を楽しめる絵本や、仕掛け絵本など、変化を楽しめる絵本もおすすめです。

1歳児の知育になる!好奇心を伸ばしてくれる絵本

1.「ぎゅっ」

絵本「ぎゅっ」

色鮮やかな色彩で、かわいらしい動物たちが描かれています。
文章はほとんど「ぎゅっ」だけですが、
その一言に、お猿のジョジョくんの寂しさや不安な気持ち、ママへの愛情などが全て表れています。

読んだ後は、思わず子どもをぎゅっと抱きしめたくなる。
そんな優しい気持ちが溢れる一冊です。

2.「やさいのおなか」

絵本「やさいのおなか」

毎日食べる野菜も、その「おなか」は意外と知らない方も多いのでは?
モノクロで描かれる野菜の「おなか」から、次のページには馴染みのある鮮やかな野菜のイラストが現れます。
シンプルですが、大人も夢中になれる絵本です。
「これは、なんの野菜かな?」と考えながら、好奇心と想像力を伸ばしてあげられる絵本です。
自然と野菜に興味を持つようになるので、苦手な野菜も好きになるかもしれませんね。

3.「もこ もこもこ」

絵本「もこもこもこ」

「もこ」や「にょき」など、擬音とカラフルなイラストの組み合わせが、不思議で魅力的です。
子どもが真似をしたくなるような擬音の繰り返しで、自然と発語が増えていきます。
一見、大人には理解しがたいけれど、読み進めるたび、つい笑顔になってしまう楽しさがありますよ。
意味を求めるのではなく、豊かな感性で楽しみたい絵本です。

4.「くつくつあるけ」

絵本「くつくつあるけ」

一人歩きを始める1歳前後の子どもに読んであげたい本です。
初めてのあんよ、初めての靴は、大切にしたい、かけがえのない経験ですよね。
この絵本を通して、靴を履いて歩くことの楽しさを教えてあげられるのではないでしょうか?
この絵本は、林 明子さんの「あかちゃんの絵本」シリーズの中の一冊です。
シリーズは全4冊で、どれも子どもが夢中になると人気なんですよ!

5.「ノンタンはみがき はーみー」

絵本「ノンタン はみがきはーみー」
楽しそうに歯磨きをするノンタンたちを見ていると、歯磨きの時間が楽しみになってきます。
歯磨きのときに、口ずさんであげたいリズミカルな言葉が印象的な一冊です。

この絵本は、小さな子どもに大人気の「ノンタン」シリーズです。
ノンタンが、お友達と一緒に、苦手なことを克服し、学んで成長していく姿が描かれています。

おわりに

ママのお膝の上、寝る前の布団の中など、絵本でコミュニケーションの時間を作りましょう。
好奇心旺盛な時期なので、まだ最後まで絵本に集中しているのは難しいですよね。
無理をせず、子どもの興味に合わせましょう。
また、読み聞かせの途中で他の遊びを始めても、意外と続きを聞いている子は多いものです。

声が聞こえる範囲にいるのなら、中断せず最後まで聞かせてあげてくださいね。

1歳児絵本知育

ABOUTこの記事をかいた人

小川まい

富士山の麓に住む、20代後半、2人姉妹のママをしているライターです。 自然に囲まれた地域で、四季折々の自然遊びを楽しみながらのびのびと子育てを楽しんでいます。 パソコン教室の講師をしていた経験を活かし、人の役に立つ記事づくりを目指しています。 現在は、下の子のイヤイヤ期に振り回される毎日。 子育て奮闘中のみなさん、一緒に頑張りましょう!