1歳児への絵本の読み聞かせの注意点!集中できない子へのすすめたい3つのこと

読み聞かせ

絵本の読み聞かせは大切!と思って挑戦するけれど、あっちへチョロチョロ…絵本は勝手にペラペラ…
と、読み聞かせに苦戦していませんか?
小さい子どもへの読み聞かせは特にどのようにすればよいか悩んでしまいますね。
【下へ続く】

落ち着いて読み聞かせるコツ

1歳前後の子どもと絵本を読むにはどうしたらいいの!?に答える解決策をまとめてみました。

1.集中できないなら、文章の無い絵本を!

赤ちゃん子どもf-48
1歳ではまだ読み聞かせをじっと聞いているのは難しいことも多いです。
目の前に絵本があれば、どうしても自分で触りたくなるものです。

お話を聞けない場合は、文章のごく少ない絵本を選んでみるといいかもしれません。
擬音だけのものや、1ページにひと言程度のもの、いわゆる「赤ちゃん絵本」です。
話を聞かせることよりも、1ページごとの絵の変化を見て楽しむことを心がけます

書店の赤ちゃん絵本のコーナーには色々なタイプのものがあります。
触って楽しむタイプもあれば、飛び出したり動いたりするしかけ絵本もあります。
集中してお話を聞けないうちは、お話がメインの絵本ではなく、単純に子どもが楽しめる絵本を選んでみてください。
きっと、本は楽しいものだという意識が根付いて、そのうちお話も聞けるようになります
お話を聞けないからといって怒ってしまうと、本が嫌いになってしまいます。

2.本に書いてある通りに読まなくても大丈夫

親子


読み聞かせをしたいのに子どもが勝手にページをめくってしまう事はよくあります。
早く次の絵が見たい、もしくはもっと単純に、紙をめくるのが楽しいのかもしれません。
子どもが自分の手で本をめくって次のページを見るというのは、好奇心が刺激されている証拠ですよ。

無理に絵本に書いてある通りに文章を読む必要はありません。

子どもが勝手にページをめくるのであれば、それに合わせて、ページごとの絵について
「お花が咲いてるね」「うさぎさんが来たね」など、簡単に声をかけるだけでも、立派な読み聞かせになっていますよ。
なによりも子どもと一緒に絵本の世界を楽しむことが大事です
「絵本って楽しい」と感じてもらうこと、そうすればいつかお話にも集中できるようになってきます。

3.図書館での読み聞かせでお話を聞く練習をしてみる

ym (19)
子どもを膝の上に乗せて絵本の読み聞かせをしていると、どうしても子どもの手の届く場所に絵本があるので興味を持って触ってしまいがちです。
好奇心旺盛でよく動き回る子だと、小さい頃はなかなか落ち着いて絵本の読み聞かせは難しいですね。
自宅での絵本の読み聞かせが難しい場合は、図書館などの読み聞かせに参加してみるといいかもしれません。

ママの膝の上にいると勝手にページをめくることはできないでしょうし、
他のお友達に混ざることで読み聞かせの楽しみ方を自然と学んでくれると思います
図書館などの読み聞かせでは、始まる前に手遊びをしたり歌をうたったり、子どもを上手く絵本の世界まで導いてくれます。
また、紙芝居やエプロンシアターなど、絵本以外のツールでもお話を聞かせてくれます
そういった場所でお話を聞くことに慣れていくと、自宅での読み聞かせの時にも段々と集中できるようになっていきます。

先輩ママの体験談

我が家の長男は好奇心旺盛でよく動き回る子だったので、小さい頃はなかなか落ち着いて絵本の読み聞かせはできませんでした。
本には興味を持っていたので一緒にページをめくったり、絵を見ながら声をかけたりはよくしていました。
いつからかきちんと集中して聞けるようになり、今ではクラスで一番たくさん本を読む子になり、表彰までされています。
(ポトフ36歳、6歳息子、4歳娘)

まとめ

きちんと目の前に座って、絵本を見ることだけが正解ではありません。

好奇心が優先で勝手にページをめくってしまう子は、その子なりに絵本を楽しんでいます。
絵本が好きになると、お話を聞くということを自然に覚えていき、しっかりとママの声に集中できるようになるはずです。
読んでもらいたい本をリクエストしてきたり、字を覚えると自ら本をたくさん読む子になるかもしれません。

無理に絵本を聞かせなくては…と思う必要は全くありません。
まずは絵本が好きになり、ママの読み聞かせタイムが大好きになってくれることが大切です。

読み聞かせ

ABOUTこの記事をかいた人

幼稚園教諭・保育士ライター 城田順子

私立幼稚園での幼稚園教諭・公立保育園で保育士として、勤務しています。仕事で子どもの世話をするプロではありますが、自分の子どもになると、仕事とは別ですね。悩みや衝突もないわけではありません。仕事とは違った、子育ての難しさがあります。幼児教育の現場からの声をコラムにしてお届けしたいと思っています。岡山県在住です。