1歳半から始めたい!知育にもなるお家でのお手伝い7選

1歳半お手伝い

自分でできることが増え、1歳半になると好奇心旺盛になってきます。
そのため、毎日ママが家事をしている姿を見て、自分もやりたい!というお子さんも多いと思います。

毎日の家事を遊びに活かして、スキンシップをとりたいですね。

【下へ続く】

「自分でしたい」気持ちを伸ばそう!

忙しいときには、大変かもしれません。
けれど、お手伝いには知育効果も満載です。
無理のない範囲でお手伝いをさせてあげて下さいね。

1歳半頃からできるお手伝いはたくさん!

洗濯

子ども赤ちゃん (200)
  • おすすめ1:洗濯したタオルを畳む
  • 簡単に畳めるタオルがおすすめです。
    タオルに集中している間に、他の洗濯物を片付けちゃいましょう。

  • おすすめ2:ハンガーや洗濯ハサミを持ってくる
  • 手が届く範囲にあるなら、「持ってきて!」とお願いしてみましょう。

料理

子ども赤ちゃん (3)
  • おすすめ3:箸やスプーンを並べる
  • パパの席にはパパの箸、など教えてあげながらしてみてくださいね。

  • おすすめ4:レタスをちぎる/ボウルで混ぜる
  • 作業する周囲に包丁など危険なものを置かないように注意してください。

  • おすすめ5:時間があるときに挑戦!「クッキー作り」
  • 手で生地をこねる、型抜きをする、などお手伝いできることがたくさん!
    粘土遊び感覚で楽しんで作れます。
    できあがったら、一緒におやつタイムを楽しみたいですね。

掃除

817fcd3a0c5c6cb10ff8ff69fe05597c_s
  • おすすめ6:ごみはごみ箱へ
  • 自分で食べたお菓子のごみや、パックのジュースなど、ごみ箱へ捨てる習慣をつけてあげてください。

  • おすすめ7:ほうきで掃く、掃除機をかける、粘着シートをコロコロ
  • 100円ショップなどで小さなほうき、粘着シートを買って、お子さん専用にしてあげるのもいいと思います。
    掃除機に興味を持ったなら、子ども用のおもちゃの掃除機も良いですね。
    綺麗になってママも大助かりです!

    ありがとうを伝えるアイデア

    お手伝いができたら、「ありがとう」シールを渡しても素敵ですね。
    たくさんのシールと紙を用意して、お手伝いをしてくれたら毎回渡します。
    紙には、シールを貼るマスをたくさん書き、そこに貼っていきます。
    シールが貯まる喜びから、ますます進んでお手伝いをするようになるかもしれませんね。

    さいごに

    上手にできなくて当たり前。
    きっちりと教える必要はありません。
    失敗したら、後でこっそり直せばOK!

    「一人でできた!」という達成感が子どもにとって大切です。

    「すごーい!ありがとう!」をたくさん伝えてあげましょう。
    お手伝いをしてくれたら、いっぱいいっぱい褒めて下さい。
    褒められると自信になり、認めてもらえたと満足できます。

    そして感謝の気持ちも忘れずに「ありがとう」も伝えましょう。

    お手伝いは、ママとのスキンシップタイム。
    子どもにとっては嬉しい時間です。

    小さな「できた!」をたくさん増やしてあげて、自信や自立心を育ててあげたいですね。

    1歳半お手伝い

    ABOUTこの記事をかいた人

    小川まい

    富士山の麓に住む、20代後半、2人姉妹のママをしているライターです。 自然に囲まれた地域で、四季折々の自然遊びを楽しみながらのびのびと子育てを楽しんでいます。 パソコン教室の講師をしていた経験を活かし、人の役に立つ記事づくりを目指しています。 現在は、下の子のイヤイヤ期に振り回される毎日。 子育て奮闘中のみなさん、一緒に頑張りましょう!