1歳半の子どもと運動能力と観察力を育む春のお外遊び3選

1歳半頃になると、一人歩きが安定し、言葉が増え、赤ちゃんから子どもへの第一歩を踏み出す時期です。
心と身体の成長が著しい大切なときです。
【下へ続く】

自然の中で、心と身体の成長を促そう!

お外遊びで自然に触れ、運動をすることで、健やかな成長に役立てましょう。

1歳半頃のお外遊びの楽しみ方

1.三輪車に乗ってお散歩

公園で遊ぶ女の子
1歳半頃になったら、三輪車を始めてみませんか?
まだ一人で上手にこげないので、後ろに手押し棒がついているタイプをおすすめします。
ママが後ろから押してあげれば、ベビーカーの代わりとしても楽しめますね。
色鮮やかな草木花を眺めながら、お散歩を楽しみましょう。
ベビーカーよりも、自分で運転している感覚を味わえます。
自分でやりたい!」という気持ちが芽生え始めた子どもにも嬉しい乗り物ですね。

- 三輪車の運動効果 -
  • 三輪車は、全身のバランス感覚を養います。
  • ペダルをこいだり、足で地面を蹴って進むことで、全身の運動になり、筋力がつきます。
  • 2.お砂場遊びをしよう

    砂遊び 砂団子


    砂に触って遊んで、物を作る楽しさを味わいましょう。
    シャベルやバケツなど、砂遊びの道具を用意して、汚れても良い服装だと思いきり楽しめますね。
    手にしたものを口に入れてしまう恐れがあるので、注意して下さい。

    - お砂遊びの運動効果 -
  • 砂場の不安定な地面を歩くことで、歩くトレーニングにもなります。
  • 考えながら作りあげることで、想像力を養います。
  • 砂をつかんだり、丸めたりして、手指をコントロールする力が身に付きます。
  • 土や砂に触れることは、癒しの効果があり、情緒の安定にもつながります。
  • 3.ピクニックを楽しもう

    春の公園
    ぽかぽか陽気が続く春は、行楽にピッタリの季節ですよね。
    お天気が良い日は、レジャーシートとお弁当を持参して、ピクニックを楽しみませんか?
    お弁当は、簡単に食べられるおにぎりやサンドイッチを用意すれば十分です。

    自然の中で食事をすると、よりご飯が美味しく感じられますよね。
    普段、しっかりと食べてくれない子も、たくさん食べてくれるようになるのでは?

    気を付けること

    • 着替えを持参すると、服が汚れても安心です。
    • 道路沿いを歩くときには、必ず手をつなぎましょう。
    • 日差しが強い日には、帽子を被せ、水分補給はしっかりと行いましょう。
    • まだ手にしたものを口に入れてしまう恐れがあります。誤飲に注意しましょう。
    • 外から帰ったら、手洗いを徹底して下さいね。

    おわりに

    ぽかぽかと暖かい春は、過ごしやすく、お外遊びが楽しい季節です。
    自然に触れながら、季節の変化を楽しみましょう。

    ABOUTこの記事をかいた人

    小川まい

    富士山の麓に住む、20代後半、2人姉妹のママをしているライターです。 自然に囲まれた地域で、四季折々の自然遊びを楽しみながらのびのびと子育てを楽しんでいます。 パソコン教室の講師をしていた経験を活かし、人の役に立つ記事づくりを目指しています。 現在は、下の子のイヤイヤ期に振り回される毎日。 子育て奮闘中のみなさん、一緒に頑張りましょう!