2歳の女の子の会話力を伸ばしたい!ママおすすめしたい2つの方法

2歳といってもおしゃべりな女の子も多いですよね。
ボキャブラリーはまだ少ないので、言いたいことをうまく言葉にできないことも多いのではないでしょうか?
【下へ続く】

2歳の女の子の「しゃべりたい」気持ちを伸ばしてあげたい!

そのため、癇癪やイヤイヤを起こしてしまい、ママを困らせることがありますよね。
子どもの「うまく話せない」というイライラを改善する2つの方法をご紹介したいと思います。

1.言葉で上手く表現できない気持ちを受け入れる

ママと会話女の子ども
ママに気持ちが伝わらない時、きっと子どもは苦しんでいるはずです。
そんな時にママまで、「もう!何が言いたいかわからないよ!」と、一緒に怒ってしまってはダメです。
ますます子どもも辛くなってしまいます。
言いたいのに伝わらない、言葉が出てこない。
そんなもどかしい気持ちをわかってあげることが大切です。

「上手く言えなくて辛いんだよね」
「がんばっておしゃべりしようとしてて偉いね」

このように声をかけてあげてください。
いいたい事は伝わらなくても、「頑張ってることを理解してくれている」と、子どもの気持ちが落ち着く場合があります。

2.YES か NO で答えられる質問に導く

ママと女の子ども


2歳の子どもには、相手にわかりやすく話すことはまだ難しいですよね。
助詞の「て・に・を・は」が滅茶苦茶な長い一文を話す場合があります。
いろいろ話したいけれど、上手く説明できないんですね。
話してる最中に本人もママもよくわからなくなってしまって、イライラしてしまうことがあります。
だからといって、
困ったママ
ママ「だから何がいいたいの?」
と言ってしまっては、子どもは傷ついてしまいます。
女の子ども7
お子さん「ママわかってくれない!」
と、癇癪を起こしてしまうことにもなりかねません。

そういう時は、子どもの真意を理解するために、質問しながら話を聞いてあげてください。
短くYESかNOで答えられるように質問をすると、話がまとまりやすくなります。

例え

たとえば、みいちゃんという2歳の女の子が、飼い犬のハナの事を話しているとしましょう。
女の子ども6
子ども:「ハナねー、パパ好きだからねー、
パパがハナと遊んでてねー、
みいちゃんと遊びたい時にねー、
みいちゃんパパ好きなのー、
パパ遊ばないからねー、嫌なんだー」

こんな風に言ってきたら、どういう意味かパッとわかるでしょうか?
話の最後の部分だけ聞くと、パパが嫌いなのかな?って思ってしまいそうですよね。
ママ:「ハナがパパを好きなんだね?」
女の子ども8
子ども: 「うん」

ママ:「そっか、それでハナちゃんとパパは遊んでるんだね?」
女の子ども6
子ども: 「うん」

ママ:「みいちゃんはハナと遊びたいの?」
女の子ども4
子ども: 「ううん」

ママ:「パパと遊びたいの?」
女の子ども2
子ども: 「うん、みいちゃんもパパと遊びたい」

ママ:「そっかぁ、みいちゃんもパパが好きだから、パパと遊びたいんだね?」
目がハート女の子ども
子ども: 「うん」

ママ:「それでみいちゃんが嫌なのはパパのこと?」
女の子ども4
子ども: 「うん」

ママ:「パパが嫌いなの?」
女の子ども2
子ども: 「ううん、好きだから遊びたいの」

ママ:「遊びたいのに遊べないのが嫌なんだ」
女の子ども6
子ども: 「うん」

このように、短く答えられる質問を重ねていくがおすすめです。
そうすると、本当に言いたい事に導いてあげることができます。
また、わかりやすい文に言い替えることで、伝わる話し方を自然に学んでくれます。
おしゃべりがどんどん上手くなって、癇癪を起こすことが減っていきます。

先輩ママの体験談

私は二児の母ですが、子供は二人ともとってもおしゃべりな女の子です。
拙いながらも、いっぱいしゃべるので、2歳頃は何を言ってるか理解するのに一苦労でした。
そして私がわかってないとわかると、怒ってイヤイヤを爆発させることも。
なので、まずは短い文で話すように導くようにしていました。
それでもわからないときは、せめて伝えられなくて苦しんでいる子どもの気持ちに寄り添っていました。
そうすると、不思議と子どもが納得してくれて、結果的にはイヤイヤを起こさずになんとか乗りきれることが多かったと思います。
(あーるママ・31歳・東京都)

まとめ

一度イヤイヤが爆発してしまうと、お子さんの機嫌を直すのはとっても大変ですよね。
上でご紹介したように、子どもの気持ちを汲んであげて下さい。
イヤイヤを起こす頻度を減らすことができたら、ママも子どももお互いにストレスを感じずに済みますね。

ABOUTこの記事をかいた人

西藤みき

小学校教諭を経て、広島の教育系企業で働いているママライターです。 大学では教育学を専攻し、児童心理学も独学で学びました。 2人の娘を育てながら、パートとして家計をサポートしつつ、コラム執筆をしています。大好きなのは子どもと行くカラオケです。日々のストレスを発散しています。 岡山出身・広島在住