2歳の女の子の自立心を育てる!イヤイヤ期を乗り切る4つの方法

イヤイヤ期自立心学習力

イヤイヤ期の育児でストレスを溜めていませんか?
魔の二歳児という言葉をよく聞きますが、イヤイヤ期の育児は大変ですよね。
2歳児はしてはいけないことを注意するにしても、おもちゃの使い方を教えるにしても…
どんなことにもイヤイヤが始まります。
ママを叩きながら大泣き、そして抱っこの繰り返しというママも多いようです。
まだ上手に話せない2歳児の気持ちを全て理解することは、なかなか難しいものです。
自我が芽生えてきたわが子の成長ぶりを喜ぶ反面、自分の育児法に対して自信をなくしたり、ストレスを感じていませんか?
【下へ続く】

イヤイヤ期でママも子どももストレスを溜めない方法

今回は、子どももママもストレスを溜めない方法をご紹介したいと思います。

1.謝って離れる

子ども赤ちゃん (101)
こんな経験ありませんか?
ママと子どもの2人で遊んでいる時、ママが言ったちょっとしたことが原因で子どもがぐずり始めた!
という経験です。
ぐずり始めるとママはイライラするかもしれませんし、大変ですよね。
イヤイヤ大泣きでパニック状態になりそうだったら、一度ママの方から距離を置いてみるのも手です。
「ごめんね」と言って、お互いに少し距離を置いてみてください。
するとお互いが1度冷静な状態に戻ることができます。
ママも怒ることなく、どういった対応をしてあげるといいかを考える時間ができます。

2.子どものやり方でさせてみる

子ども赤ちゃん (118)


イヤイヤ! なんでも自分でやりたい!
自我が芽生えてきた証拠ですよね。
自分でやりたい!という気持・行動を伸ばしてあげたいと思う方も多いのではないでしょうか?
ママが見ると、失敗しそうなこと・手間のかかりそうなことも子どもにとっては大切なこと。
「こうすると成功するかも」と予測し、失敗や成功を経験することは「学習」する脳を育てることです。
ママにとっては余計な手間が増えてしまいます。
ついつい手出しをしたくなるかもしれません。
しかし、

失敗する経験、成功するための努力は、物事を分析的に捉える思考回路を育ててくれます。

自分で考えて行動し、チャレンジ精神旺盛な子どもに育ててあげたいですね。

3.子どもを信用してみる

子ども赤ちゃん (116)
お友達からおもちゃを取ったり、叩いたりすることはいけないことです。
それに対しては何度も何度も注意をしたいですね。
それでもイヤイヤときかないときもありますよね。
そんな時は、冷静になるために1度、親子でその場から離れてみてはどうでしょうか。
何度注意しても、ものを取り合ってしまう・喧嘩してしまうからといって、子どもが集まる場に行かないというのは大間違いです。
おもちゃを取ったり、叩いてママから注意されたことですぐに結果が出なくても子どもは成長しているはずです。
いつかは注意したことをやめられると、信用してあげてください。
何度でも経験をさせてあげることが、子どもの成長に繋がるはずです。

4.抱っこ対策

子ども赤ちゃん (124)
子どもは疲れてきたり、寂しくなってくると急に抱っこじゃないとイヤだと言い出しませんか?
ママ自身も疲れていることや、買物帰りでたくさんの荷物を持っていることもありますよね。
抱っこできない時は、嫌がってもベビーカーやカートを利用してみてはどうでしょうか?
ベビーカーなら

  • ちょっと走る
  • 坂道で「わー怖ーい落ちるー!」と言いながらゆっくり歩く

など、ちょっとした工夫でジェットコースターのような感覚で楽しめます。
カートなら、

  • 商品棚にカートを近づけ、子どもに商品を取ってもらう
  • カートから、商品のある場所を教えてもらう

などすると、子どもも一緒にお買物を楽しめます。
カート嫌いの子どもでも、冒険やゲーム感覚で楽しむことができます。
また、「自分でやりたい気持ち」を一緒に買物をするということで満たしてあげられます。

先輩ママの経験

子供が生まれる前から育児は楽しんでやろうと決めていました。
2歳のイヤイヤ期を迎え、初めは何がイヤで泣いているのかが分からず本当に辛い日々でした。
何でもイヤイヤといい、私もストレスが溜まりました。
毎日イライラして楽しんでやろうと決めた育児が楽しんでできなくなってしまいました。
ある時イヤイヤと言い出した娘に我慢が出来なくなり、自分は二階の寝室で10分ほど篭ってしまいました。
すると意外とすぐに冷静な気持ちになって、娘の元に戻って
「さっきはごめんね、やりたいようにやってもいいのにママが口出ししたから嫌やったよね。
本当にごめんね、ママとまた一緒に遊んでくれる?」
と言うと娘も冷静になって、よしよしと私の頭をなでてくれました。
それ以来、娘を信用して、意思をなるべく尊重するようにしました。
すると、イヤイヤを言う回数もへり、パニックになる回数も減りました。
(yuki・30歳・大阪府)

まとめ

子どもはやりたい欲を満たせると自信がうまれます。
自信が増えてくると、ママの発言を口出しではなく、提案として捉えられるようになってきます。
そうすると、イヤイヤ期のストレスが減りますよね。
子どもも自分でできることが増えるので、結果的に育児が少し楽になりますよ。

イヤイヤ期自立心学習力

ABOUTこの記事をかいた人

幼稚園教諭・保育士ライター 城田順子

私立幼稚園での幼稚園教諭・公立保育園で保育士として、勤務しています。仕事で子どもの世話をするプロではありますが、自分の子どもになると、仕事とは別ですね。悩みや衝突もないわけではありません。仕事とは違った、子育ての難しさがあります。幼児教育の現場からの声をコラムにしてお届けしたいと思っています。岡山県在住です。