2歳女の子の好奇心を刺激する知育絵本!おすすめの5選

2歳絵本

2歳頃の女の子は、自我が芽生え、好奇心も旺盛になってきます。

  • おままごとやお手伝いに興味を持ち、ママの真似をするようになる。
  • 「かわいい」に敏感になり、女の子らしいものが好きになる。

など、女の子らしい一面も表れてきますよね。
【下へ続く】

2歳女の子の知育にもなる絵本とは?

大好きなものに夢中になっている時間こそ、最も心が育つときです。

その子の興味に合わせ、お気に入り絵本をみつけませんか?
また、日常生活を題材にした絵本で、あいさつや生活習慣を学ぶのも良いですね。

2歳女の子の知育になる!好奇心を刺激する絵本

1.「わたしのワンピース」

絵本「わたしのワンピース」
空から降ってきた真っ白い布で作ったワンピース。
それを着て、お散歩に行くと、景色やお天気に合わせてコロコロと模様が変わります。

「どの模様が一番似合うかな?」「どれが一番かわいい?」
おしゃれに興味を持ちはじめた、乙女心を刺激するかわいい絵本です。

2.「うずらちゃんのかくれんぼ」

絵本「うずらちゃんのかくれんぼ」
うずらちゃんとひよこちゃんが上手にかくれんぼをしています。
「もういいかい?」「もういいよ。」
どこに隠れているのかな?一緒に探してみよう。

色鮮やかで優しいイラストが、子どもたちに人気です。
愛子様の愛読書と紹介され、話題になった絵本です。

3.「いやだいやだ」

絵本「いやだいやだ」
イヤイヤ期を迎えている子に読んであげて下さい。

普段、ママの言うことを聞いてくれない子も、絵本の前では素直になれるもの。

「いやだって言われると悲しいね。」「物にも気持ちがあるから、大切にしようね。」
絵本を通して、良いこと、悪いことを一緒に考えてみましょう。

4.「おばけとかくれんぼ」

絵本「おばけとかくれんぼ」
絵本で遊びましょう!
絵本を振っておばけを出したり、おばけをくすぐったり、手を叩いて呼んでみたり。
まるで目の前に、おばけがいるかのように一緒に楽しめる、新しい絵本です。

絵本の読み聞かせに、あまり興味がなかった子も、きっと絵本が好きになります。

「絵本って面白い!」と、興味を持つきっかけになる一冊です。

5.「どうぞのいす」

絵本「どうぞのいす」
動物たちが、かごの食べ物を食べては、「後に来たひとのために」と代わりの食べ物を置いていきます。
動物たちの思いやりでいっぱいの、心温まる一冊です。

「次はなんの動物が来るのかな?」「どんな食べ物を置いていくのかな?」
一緒に考えながら読み進めるのも楽しいですね。

おわりに

今回は、2歳を迎えた女の子におすすめの絵本を紹介しました。
けれど、幼い頃はまだまだ個人差も大きいですよね。
年齢や、性別に関わらず、その子の成長や興味に合わせた絵本を読んであげましょう。

2歳絵本

ABOUTこの記事をかいた人

小川まい

富士山の麓に住む、20代後半、2人姉妹のママをしているライターです。 自然に囲まれた地域で、四季折々の自然遊びを楽しみながらのびのびと子育てを楽しんでいます。 パソコン教室の講師をしていた経験を活かし、人の役に立つ記事づくりを目指しています。 現在は、下の子のイヤイヤ期に振り回される毎日。 子育て奮闘中のみなさん、一緒に頑張りましょう!