3歳児が頑固で困る!子どもが「イヤイヤ期」になる3つの理由

3歳児のイヤイヤ期に疲れ果てていませんか?
3歳を過ぎてくると、単語しか話せなかった子どもも文章で話せるようになり、会話もスムーズになってきます。
自分の気持ちを言葉で伝えられることで、少しずつイヤイヤも減ってくるでしょう。
その反面、頑固な一面が現れ、まだまだ「イヤイヤ」が続く場合もあります。
【下へ続く】

3歳児の頑固なこだわりはなぜ?

今回は、3歳を過ぎた頃の子どもの「イヤイヤ期」の理由をご紹介します。

1.こだわりがいっぱい

子ども赤ちゃん (139)
絶対に譲れないこだわりを持つ子どももいます。
自分の気持ちを少しずつ話せるようになってくるので、「イヤイヤ」の理由を聞いてあげましょう。
その時、ママのとる態度として大切なことがあります。

ママも同じ目線で話し合うことを心がけてください。

2.甘えたい!という思いが増える

子ども赤ちゃん (235)


自分でできることが増えてくると、自然とママの助けも減ってきます。
それが当たり前になると、今までは自分でしていたことを急に「やりたくない」と、困らせることもあります。
ママにとっては「自分でできるのにどうして!?」と困ってしまいますが、それは「甘えたい」というサイン
手が離れるにつれ、少しずつスキンシップが減り、不安に感じる子も多いのです。
この頃は、下の子が産まれるなどで、お兄ちゃん・お姉ちゃんになる子も増えてきます。
ママが、赤ちゃんのお世話をしている姿を見て、羨ましく感じる時期です。

わがままではなく、甘えたいサインだと受け取って、無理のない範囲で手を貸してあげてください。

ママの愛情を感じると安心できるので、抱っこをして甘える時間を大切にしてあげてくださいね。

3.「なんで?」疑問がいっぱいの時期

子ども赤ちゃん (62)
少しずつ「イヤイヤ」が落ち着いてきたら、今度は「なんで?なんで?」が増えてきます。
自分の周りや環境への好奇心から、たくさんの疑問を持つように。
ときには答えられないような質問もあり、質問攻めになるママは大変ですよね。

けれど、育ち始めた好奇心を伸ばしてあげたい時期です。

できるだけその気持ちに答えてあげましょう。
分からないからと、適当な対応はよくありません。
答えられないときは、「分からないんだ。ごめんね。」と、素直に謝ることがおすすめです。

おわりに

「自分でやる!」と子どもができることが増えてきたら、今度は「ママがやって!」に。
少しずつ楽になってきた矢先、ママは再び疲れてしまいますよね。
けれど、まだまだママに甘えたい時期です。
そのサインを見逃さずに、たくさんの愛情を伝えてあげたいですね。

子どもへと成長したら、今度は赤ちゃんである妹・弟のことを羨ましく思う複雑な時期です。
甘えたいという心の表れは、愛情不足ではなく成長してきた証です。
ママは不安にならずに、自信を持ってくださいね。

いくつになっても、ママの愛情は、最強の武器。

スキンシップを増やして「イヤイヤ」を乗り切ってくださいね!

ABOUTこの記事をかいた人

小川まい

富士山の麓に住む、20代後半、2人姉妹のママをしているライターです。 自然に囲まれた地域で、四季折々の自然遊びを楽しみながらのびのびと子育てを楽しんでいます。 パソコン教室の講師をしていた経験を活かし、人の役に立つ記事づくりを目指しています。 現在は、下の子のイヤイヤ期に振り回される毎日。 子育て奮闘中のみなさん、一緒に頑張りましょう!